安倍首相も自陣営に引き入れた香取慎吾

安倍晋三首相がアート展来場し元SMAP香取慎吾と握手 ジャニーズ幹部は苦々しい気分か

記事まとめ

  • 安倍晋三首相がアート展に来場し、元SMAP香取慎吾と握手を交わし2ショットで写真撮影
  • 香取、草なぎ剛、稲垣吾郎を率いる飯島三智氏の力で首相来場にこぎつけたのだという
  • 首相までバックに付けた香取らに対し、ジャニーズは『圧力』をかけづらくなったらしい

安倍首相も自陣営に引き入れた香取慎吾

安倍首相も自陣営に引き入れた香取慎吾

(提供:リアルライブ)

 安倍晋三首相が30日、東京・南青山のスパイラルガーデンで開催中のアート展「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」に来場し、同展に作品を出展している元SMAPの香取慎吾がアテンド役を務めたことを、各メディアが報じている。

 各メディアによると、香取は、安倍首相に自身の作品を含む各作品について案内して、ガッチリ握手を交わし、2ショットで写真撮影。

 同展には、障がいがある芸術家のさまざまな作品が展示されているが、香取は「本当にすばらしい展覧会で、ボーダーのない、境界線のない、障がい者のアーティストの方々もたくさん参加させていただけている。こんな展覧会に、僕の絵が、初めて出品させていただいて、うれしく思っております」と喜びを語ったという。

 安倍首相は、「作家・慎吾さんの作品も拝見させていただきました。アーティストとして活躍することも期待しています。2020年、東京五輪・パラリンピックがあります。すべての日本人が輝く、日本の姿を示していきたい」と、香取の今後の活躍に期待し、エールを送ったというのだ。

「まさかの安倍首相の来場だが、香取、草なぎ剛稲垣吾郎を率いる元SMAPマネージャーの飯島三智氏があらゆるコネクションを使って、多忙な安倍首相の来場にこぎ着けたようだ。これで香取は、今回のアート展を主催する日本財団が絡んでいることもあり、20年のパラリンピックに何らかの形で関わることがすでに“確約”されたも同然か。古巣のジャニーズ事務所としては、首相までバックに付けてしまった香取らに対して“圧力”をかけるのが難しくなってしまった」(芸能プロ関係者)

 ジャニーズの幹部は苦々しい気分でこのニュースを見ているに違いない。

関連記事(外部サイト)