早くも視聴率1ケタを記録した嵐・櫻井とディーン様の主演ドラマ

早くも視聴率1ケタを記録した嵐・櫻井とディーン様の主演ドラマ

(提供:リアルライブ)

 10月にスタートした日本テレビ系のドラマで、嵐の櫻井翔主演の「先に生まれただけの僕」と、ディーン・フジオカと武井咲W主演の「今からあなたを脅迫します」が、いずれもすでに視聴率1ケタを記録し大苦戦中だ。

 「先に生まれただけの僕」は、櫻井演じる教育現場をまったく知らない35歳のエリート商社マンが、定員割れギリギリの私立高校に校長として送り込まれ、奮闘する姿を描く。櫻井にとって連続ドラマ主演は、13年4月期のフジテレビ系「家族ゲーム」以来4年半ぶりとなった。

 初回視聴率は10・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)とふるわず。第2話で7・5%といきなり1ケタを記録。28日放送の第3話は10・5%でなんとか2ケタに回復した。

「教育現場の現実がまったく配慮されていないストーリー。もともと、櫻井はそれほど数字を持っているわけではなかったが、“嵐頼み”の日テレの安易なキャスティングの結果、苦戦を強いられることになった」(テレビ局関係者)

 「今からあなたを脅迫します」は、人を脅すことで事件を解決する脅迫屋(フジオカ)とお人よしの女子大生(武井)が織りなす“脅迫エンターテインメント”。ディーンは民放連ドラ初主演。武井は9月1日にEXILEのTAKAHIROとデキちゃった結婚を発表し話題になっていた。

 しかし、初回は8・0%といきなり1ケタ。29日放送の第2話は5・7%までダウンしてしまったのだ。

「『おディーン様』の愛称で中高年の女性を中心に大人気のディーンを起用したが、放送時間帯の視聴者層に合わなかったようで、完全なリサーチ不足。おそらく、今後、ディーンはしばらく日テレのドラマに出ることはないだろう」(芸能記者)

 この2本をよそに、綾瀬はるか主演の「奥様は、取り扱い注意」はこれまで放送された4話で11〜12%台をキープし、あくまでも日テレのドラマで“ひとり勝ち”状態だ。

関連記事(外部サイト)