父アキラに猛省をうながされた清水良太郎被告

清水アキラが、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴された清水良太郎被告に猛省促す?

記事まとめ

  • 清水アキラが、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴された三男の清水良太郎被告と面会
  • 良太郎被告は保釈を申請したが、保釈保証金150万円が未納のため、保釈されていない
  • アキラは面会時の良太郎被告の様子を受け「まだまだ早い」と本人に猛省を促したそう

父アキラに猛省をうながされた清水良太郎被告

父アキラに猛省をうながされた清水良太郎被告

(提供:リアルライブ)

 ものまねタレントの清水アキラが、10月31日、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴されたタレントで三男の清水良太郎被告と面会するため、勾留されている警視庁目白署を訪れたことを、各メディアが報じている。

 報道をまとめると、良太郎被告との面会を終えたアキラは「すいません」と深々と頭を下げ謝罪。良太郎の逮捕時に会見した際には「面会をしない」と断言していたが、同30日に家族会議で決めた内容を伝えるため、同署を訪れたことを説明。家族会議の結果として、良太郎被告に「(反省の)時間が短いから、(初公判まで)保釈はしないと伝えた」と、涙ながらに明かしたという。

 良太郎被告は弁護士に「出たい」と伝えていたそうで、同27日に保釈を申請。遅くとも31日には保釈されるだろうと考えていたという。実際、すでに保釈請求は出され、身元引受人は友人になっていたが、保釈保証金150万円が未納のため、保釈されていなかった。

 しかし、アキラは面会時に、背を丸くしうつむく良太郎被告の様子を受け、「(保釈は)まだまだ早い」と実感。そのため、「出したいのはやまやま」と父としての本音をのぞかせたが、本人を更生させるため猛省を促したようだ。

「取り調べの態度がかなり悪いという情報が入っており、そのことが父の耳にも入ったのでは。保釈保証金に関しては、500万円までを一時的に立て替えてくれる団体があるが、おそらく、そういう団体の存在は知らないのだろう。良太郎被告はこれまでやりたい放題だったので、この機会にたっぷり頭を冷やした方がよさそうだ」(芸能記者)

 良太郎被告は、10月10日に都内のホテルで覚せい剤を吸引。一緒にいた風俗嬢が「薬物を飲まされた」と通報し、翌11日に覚せい剤取締法違反で逮捕され、その後、起訴されていた。

 良太郎被告が初公判までどの程度更生しているかが注目される。

関連記事(外部サイト)