微妙な空気感が漂っていたV6・岡田准一の元カノたち

微妙な空気感が漂っていたV6・岡田准一の元カノたち

(提供:リアルライブ)

 V6の岡田准一と交際中の女優の宮崎あおいと、岡田の元彼女で女優の蒼井優が開催中の「東京国際映画祭」のオープニングセレモニーにそろって登場したが、その舞台裏を発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 同セレモニーに登場したのは、2人のほかに、いずれも同学年の満島ひかり、安藤サクラ。同誌によると、4人での写真撮影の際、宮崎と蒼井は決して横に並んで2ショットになろうとしなかったという。

 2人は、10代のころからオーディションで顔を合わせるなどしていたため、お互いを尊敬し合い、7年前に行われた宮崎のカウントダウン誕生パーティーには忙しい中、蒼井が駆けつけていたほどの仲だったという。

 しかし、その後、蒼井との交際を経て、宮崎は岡田と交際中。生真面目な宮崎がそのことを意識してしまい、舞台裏では蒼井が屈託なく話し掛けていたというが、宮崎は困惑した表情だったというのだ。

「蒼井に関しては、岡田が2人で住むために部屋を5000万円かけてリフォームしたにもかかわらず、岡田に別れを告げたことが報じられた。その件もあるので、宮崎はどこか蒼井に対して距離を置いてしまっているのでは。岡田は現在5億円の豪邸を建設中。来年の8月に竣工予定だというから、そのあたりで宮崎とゴールインするのではと言われている」(芸能記者)

 一方、蒼井は現在、ミュージシャンの石崎ひゅーいと交際中。2人は蒼井が主演した映画「アズミ・ハルコは行方不明」で共演。同作は同映画祭の「コンペティション部門」に出品されているため、蒼井と石崎はそろってレッドカーペットに登場したが、交際については語らなかった。

「最初は映画のPRのための“ビジネス交際”と言われていたが、どうやら本気の交際だったようだ」(同前)

 こちらのカップルもゴールインは近い?

関連記事(外部サイト)