禁断の森且行出演で大成功の「72時間ホンネテレビ」ジャニーズの対抗策は?

森も出演し元SMAP稲垣、草なぎ、香取の『72時間TV』成功 ジャニーズが対抗策講じる?

記事まとめ

  • 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾による『72時間ホンネテレビ』が終了した
  • 番組には森且行や、堺正章、爆笑問題、市川海老蔵、佐藤浩市などが登場
  • SMAP、中居正広、木村拓哉などはNGワードのようで、ジャニーズの圧力を感じる場面も

禁断の森且行出演で大成功の「72時間ホンネテレビ」ジャニーズの対抗策は?

禁断の森且行出演で大成功の「72時間ホンネテレビ」ジャニーズの対抗策は?

(提供:リアルライブ)

 2日午後9時からAbemaTVで生放送された元SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾によるバラエティ番組「72時間ホンネテレビ」。テレビの世界では不可能だったことを次々と実現させ、ファンの度肝を抜いた。

 中でも視聴者を特に驚かせたのが、元SMAPメンバーで、脱退後、芸能界から消されてしまったオートレーサー・森且行の出演。稲垣・草なぎ・香取の3人が4日、浜松オートレース場を訪れ、「第49回SG日本選手権オートレース」準決勝戦9Rに出場する森を観戦したのだ。

 森は気負いもあってか、最下位ではあったものの、3人は「オートレーサー森且行」を初体感し、感無量の表情を浮かべる。

 その後、3人と森が、21年ぶりにメディアの前で再会。森と抱き合う3人の目には、うっすらと涙が。特に、兄貴分と慕っていた香取の喜びは凄まじく、抱きつくほど。森は、SMAP脱退で「いなかったことに」にされていただけに、メディアの前に、再び姿を現すことができたことを、4人は深く喜んでいるようだった。

 再会から約4時間程度、4人が語り合う姿が流れることに。森が脱退する際に、3人がどのように感じていたのかなどが語られ、香取慎吾が怒っていた事実も発覚。まさに「ホンネ」が次々と明かされ、ファンは大満足した様子。

 このほかにも、3人がプロレス・ボクシング・アルバイト・ユーチューバーなど様々な企画に挑戦。さらに、堺正章・爆笑問題・市川海老蔵・佐藤浩市・リリー・フランキーら豪華ゲスト陣も華を添え、番組は大きな盛り上がりを見せた。

 その一方で、番組は「SMAP」「中居正広」「木村拓哉」「SMAPの曲名」「SMAPで出演した番組名」はNGワードとなっているようで、3人が口ごもる場面も。また、吉本興業など一部芸能事務所のタレントは出演NGだった模様で、ジャニーズ事務所からの「圧力」を感じさせた。

 「ホンネテレビで目を引いたのは、3人が新しいことに挑戦し、楽しそうにしている様子でした。そんな彼らにファンは共感したのでしょう。3日間、Twitterトレンドの上位は、ホンネテレビ関連。軽視されがちなネットTVが、地上波を上回ったわけですから、番組は大成功と言って良いでしょう。ネットの世界には、圧力は通用しないということを示した形ですが、この様子をジャニーズが面白く思うはずがない。特に、森の登場は、上層部の逆鱗に触れていてもおかしくありません。何らかの形で、新たな圧力を掛けてくることもあり得ます。ただし、あからさまな圧力は、世間から反感を買い、事務所が悪者になってしまう。しかし、何かペナルティを与えたい。そんな感情のなか、対抗策を講じているのではないでしょうか」(芸能関係者)

 「新しい地図」の3人と木村拓哉・中居正広。それぞれが共存共栄する道を探してもらいたいのだが…。

関連記事(外部サイト)