有村架純、多忙を極め心配の声

有村架純、多忙を極め心配の声

(提供:リアルライブ)

 女優・有村架純が、16日放送のNHK「有村架純 カナダ大自然の旅」で、カナダを訪れたことを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると、同番組では、今年建国150年を迎えたカナダを有村が訪問。制作サイドがカナダを取り上げる番組を検討していた際、同局の連続テレビ小説「ひよっこ」などで活躍した有村に出演をオファーし、有村も「日本を離れて、知らないところに行けるという楽しみを感じた」と快諾したという。

 有村は2014年に、紀行番組でノルウェーを5日間旅したが、今回は自身にとって過去最長となる10日間の旅。現地ではナイアガラの滝や、「赤毛のアン」の舞台として知られるプリンス・エドワード島、ケベック地方の市場や街角などを訪れて、壮大な景観や人々の温かさに触れ、多忙な日々から解放されてリフレッシュしたというのだが…。

「ここ数年、まったく休みがない状態。普通ならば、『ひよっこ』のような大きな仕事が終わった後は、長期休暇を事務所が“ご褒美”として与えてもいいはずだが、結局、休暇と称して仕事をさせられることになってしまった。おおみそかの紅白では、紅組の司会をつとめるため、年内はまったく休みがないようだ」(テレビ局関係者)

 有村といえば10月23日、自身のインスタグラムに「何年か分の心が、動いた気がして。久しぶりなもんだから消火できず、色んなものを眺めるだけで精一杯。なんかわからないけど、涙がね、止まらなかったのです」と実に意味深な文面を書き込んだ。

 すると、ファンからは精神状態を心配する書き込みが殺到。後日、この書き込みは削除されてしまった。

「紅白では、かつて“キス写真”が流出したHey! Say! JUMPの岡本圭人と共演。紅白後のインスタの書き込みが非常に注目される」(芸能記者)

 来年は長期休暇をとった方が良さそうだ。

関連記事(外部サイト)