紅蘭が自宅バレ、父・草刈は“近所の監視”で安心?

紅蘭が自宅バレ、父・草刈は“近所の監視”で安心?

(提供:リアルライブ)

 タレントの紅蘭が15日、「必殺!バカリズム地獄」(AbemaTV)に出演し、ファンに自宅が知られていると憤慨した。

 この番組は“鬼ギレ”した瞬間をテーマとする番組。紅蘭も自らが激怒したことを問われ、「玄関を出る度に『写真撮ってください』とよく言われる」と、ファンに自宅を知られてしまっていることだと告白。「ゴミを捨てるのも気を遣う。今まで裸みたいな格好で行っていたから、それができない」と切実そうに語っていた。

 しかも、紅蘭の自宅バレの原因は、ご近所さんであったことが発覚。ある日、紅蘭が愛犬を連れて散歩していると、「あそこを曲がったところ、草刈正雄さんの娘の紅蘭さんの家なのよ。あなたと一緒の犬を飼ってるわよ、紅蘭ちゃんも」と話しかけられたそうだ。

 これには紅蘭も堪忍袋の緒が切れ、「お前かよって。ペラペラとこの人がしゃべってるんだと」とご立腹の様子だった。

 しかし、そもそも現在、紅蘭が住んでいる一人暮らしの家は実家近く。要するに、父である草刈正雄宅の近くなのだ。草刈ら家族が住む家は世田谷区成城にあり、庭付きというセレブリティな豪邸。紅蘭が学生の頃は、学校までタクシーを使い、家族旅行も必ずファーストクラスを使っていたというから、近所でもお金持ちとして一目置かれていたことだろう。

 「確かに、ただでさえ有名な草刈さん一家の近くに住まれていたら、嫌でも目立ってしまいますよね(笑)でも、実は草刈さんは、そのことを知らなくて、紅蘭さんはずっと忙しく家に帰ってきていないだけかと思っていたそうです」(関係者)

 紅蘭といえば、最近、交際中の彼が覚せい剤で逮捕歴があることが発覚。しかも、逮捕のきっかけは、暴力を振るわれた紅蘭が警察に行ったことだというから穏やかではない。

 その時は「めちゃくちゃショックでしたけど、それ以上に私が支えてあげなきゃと思った」と破局をしない決意を語っていたが、父としても近くに住んで、近所の人たちからの“監視”が行き届いていたほうが安心かもしれない…。

関連記事(外部サイト)