ドーム公演を控えたSHINee・ジョンヒョンさんが自殺

ドーム公演を控えたSHINee・ジョンヒョンさんが自殺

(提供:リアルライブ)

 韓国の男性5人組グループ・SHINee(シャイニー)のジョンヒョンさんが18日、韓国・ソウル市内の宿泊施設で倒れた状態で見つかり、病院に運ばれたが死亡が確認されたことを、日韓の各メディアが報じている。

 報道をまとめると、同日午後4時40分ごろ、ジョンヒョンさんの姉から警察に、「弟が自殺を図ったようだ」「(携帯の無料メールアプリで)遺書が届いた」などと通報があったという。

 姉は通報直前、ジョンヒョンさんから、「今までつらかった」、「僕を見送ってほしい、お疲れさまと言ってほしい」、「最後のあいさつだ」など、自殺をほのめかすようなメッセージを受け取ったのだとか。

 同6時10分ごろ、署員が同施設に駆けつけると、心停止状態の状態でジョンヒョンさんが倒れているのを発見。室内では、練炭とみられる物体が燃えているフライパンが見つかったため、警察は自殺とみて調べているという。

 SHINeeは、08年に韓国デビューし、2011年に日本に進出。ジョンヒョンさんはメインボーカルをつとめていた。

 今月15日には、4年連続となるドームツアーを京セラドーム(来年2月17、18日)と東京ドーム(同26、27日)で開催することを発表。
 また、韓国メディアによると、ジョンヒョンさんは来年、ソロアルバム発売や日本でソロデビューの計画があったという。

「所属事務所はタレントとの契約トラブルが多かったので、ジョンヒョンさんも何らかのトラブルを抱えていたのでは、という憶測が飛んでいる。そんな憶測を払拭するため、所属事務所は19日に『デマや憶測報道は控えていただけますよう、懇切お願いいたします』とコメントを発表した」(芸能記者)

 同じ事務所に所属する東方神起のユンホとチャンミンが19日、日本テレビ系「スッキリ」に生出演。

 ジョンヒョンさんの死について聞かれると、ユンホは「今も複雑な心境で信じられないんですけど、この番組終わったら、見送りに行って来ようと思っています」。チャンミンは「弟のような存在。才能あるアーティストだった。言葉にするのが難しい」。2人とも悲痛な表情を浮かべた。

関連記事(外部サイト)