セカオワ・Saori直木賞ノミネート、どんな選出方法?

セカオワ・Saori直木賞ノミネート、どんな選出方法?

(提供:リアルライブ)

 12月20日に芥川賞・直木賞の候補作が発表された。直木賞に人気ロックバンド、SEKAI NO OWARIのSaoriが藤崎彩織名義で発表した『ふたご』(文藝春秋)がノミネートされ話題となっている。

 芥川賞・直木賞といえば、お笑いコンビピースの又吉直樹が『火花』(同)で、2015年7月に第153回芥川賞を受賞し話題となった。そもそも両賞の候補作はどのようにノミネートされるのか。

「芥川賞と直木賞は、1月と7月の年に2回行われ、候補作は1か月前に発表されます。文藝春秋社内に設けられた日本文学振興会によって選考が行われ、半年間の間に発表された小説が対象となります。芥川賞は純文学、直木賞は大衆文学と棲み分けがなされています」(文芸ライター)

 さらに、芥川賞は新人作家に、直木賞はベテラン作家に与えられる賞といった性格を持つ。藤崎の『ふたご』はデビュー作であるが“新人”ではないのだろうか。

「芥川賞・直木賞とも定義はあいまいで、双方の候補作になる作家もいます。さらに、芥川賞では、すでに純文学の世界で活躍している作家に与えられた場合もあります。2004年の第132回芥川賞を『グランドフィナーレ』で受賞した阿部和重などが代表的ですね。直木賞でも、2012年の第148回直木賞を23歳の朝井リョウが『何者』で受賞しています。本作は就職活動を舞台としたものであり、直木賞の候補作は、必ずしも時代小説や歴史小説でなければいけない決まりはありません。恋愛をテーマとした31歳の藤崎の作品も、賞の候補となる条件は満たしているといえるでしょう」(前出・同)

 又吉の場合、史上初のお笑い芸人による芥川賞受賞となったが、藤崎が受賞すれば、史上初の女性ミュージシャンの直木賞作家が誕生する。結果を期待して待ちたい。

関連記事(外部サイト)