木村拓哉が『フライデー』のインタビューに応じた理由

元SMAP木村拓哉が中居正広と不仲説否定? 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾へエールも

記事まとめ

  • 元SMAPの木村拓哉を「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)のロケ中にフライデーが直撃
  • 木村はSMAP解散での心境の変化や、工藤静香が支えになっていることを明かしたという
  • 中居正広と不仲否定、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾について「敵じゃないから」と説明

木村拓哉が『フライデー』のインタビューに応じた理由

木村拓哉が『フライデー』のインタビューに応じた理由

(提供:リアルライブ)

 元SMAP木村拓哉を来年1月スタートの主演ドラマ「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)のロケ中に直撃した様子を、発売中の「フライデー」(講談社)が報じている。

 同誌によると、木村を直撃したところ、けげんそうな顔をしながらも、記者の声に足を止めたという。

 木村はSMAP解散で大きな心境の変化があったことや、妻の工藤静香が大きな支えになっていることを明かし、世間からバッシングを受けたことについても言及。「(文句を)言ってもしょうがないじゃん、だって、自分の気持ちや思っていること、わかってほしいことはありますよ。でも、それを言ってもね…」とした。

 中居正広とのコミュニケーションについては、「ないない。でも、ああだ、こうだいう報道が多いけど、(言われているような確執は)全然ないですよ」と不仲説を否定した。

 ジャニーズ事務所から独立した元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾についても言及。「彼らの人生における判断をしたと思う。そこは悔いのないように頑張ってほしいなと思います」とエール。

 3人との関係について、「敵になったわけじゃないから」と説明。「彼らの選択を応援してほしいなって思います」とSMAPファンに呼び掛けた。

「『フライデー』といえば、SMAPの解散騒動の最中、自宅で妻の静香を直撃するなど、どちらかといえば“敵対”の関係だった。もともと、メディアの直撃にはほとんどコメントしなかったが、ここに来て笑顔を見せてインタビューに応じたうえ、突然の“リップサービス”。来年に向け、イメージをなんとか回復させようという必死さが伝わって来る」(芸能記者)

 来年は同ドラマのほか、主演映画「検察側の罪人」の公開も控えるだけに、巻き返しと行きたいところだろう。

関連記事(外部サイト)