【婚活中の男性必見!】カリスマ婚活アドバイザーが教える婚活デートのマナー

【婚活中の男性必見!】カリスマ婚活アドバイザーが教える婚活デートのマナー

(提供:リアルライブ)

 12月23日の『おしゃべりオジサンと怒れる女』(テレビ東京系)では、カリスマ婚活アドバイザー・植草美幸が、47歳で独身の番組スタッフと疑似デートをして、男性がデート中にしてはいけないポイントを指摘した。

 まず、初対面の挨拶を交わした際、植草から「残念!ダメでした」と注意が入る。「お掛けになって待たれてましたよね。スマホをご覧になっていたので、あれだと女性が『あんまり私に興味がないのかしら…』と思ってしまうので」と、待っている間に番組スタッフがスマホを触っていた点を指摘した。

 また、植草は初対面で注意すべき点として、
・ファッション
・ヘアスタイル
・髭の剃り残し
・挨拶
・時間を守る
・待っている姿勢
を気を付ける必要があると説明。

 次に、飲食店に場所を移し、食事中に気をつけるべき点をチェック。メニュー表を渡された番組スタッフはメニューを注文するが、「はい、残念でした」とまたしても注意が入る。「メニューが来ました。一人で見ていて、全然相談をして下さらない。『苦手なものはありませんか?』『何を召し上がりますか?』を具体的に聞いて差し上げると、非常に好感度が持てます」と、注文する際はただ注文するのではなく、相手の女性にいろいろ気を配ってあげる必要があるようだ。

 植草はお店での注意点を、
・相手との距離
・エスコート
・会話、話題の提供
・相手を褒めているか
・表情
・感謝の言葉
などを意識する必要があると伝えた。

 さらに会計時、「ハマグリとワインは僕が頼んだんで、その分だけ払いますね」と言う番組スタッフに、「これですと、自分が食べた分を払います。あなたはあなたで頼んだものを払いなさいってことですから、デートではないですね」と婚活では男性が払ったほうが良いようだ。

 婚活デートは、気を付けなければいけない点がとても多い。学生の時のノリで婚活デートをしてしまうと、痛い目を見てしまうそうだ。

関連記事(外部サイト)