独立を断念した不倫騒動で謝罪の藤吉久美子

【藤吉久美子の不倫騒動】不倫騒動で迷惑をかけた為、独立を断念し劇団青年座に残留か

記事まとめ

  • 太川陽介の妻で不倫疑惑のあった藤吉久美子が、所属する劇団青年座に残留するという
  • 藤吉は独立を画策と報じられていたが、不倫騒動により迷惑をかけたため残留したらしい
  • 藤吉の不倫相手とされる男性は今は東京支社に所属も、大阪本社に戻ることになるらしい

独立を断念した不倫騒動で謝罪の藤吉久美子

独立を断念した不倫騒動で謝罪の藤吉久美子

(提供:リアルライブ)

 「週刊文春」(文芸春秋)で大阪・ABC朝日放送の50代既婚プロデューサーとの不倫疑惑が報じられ、14日深夜に号泣謝罪会見した女優の藤吉久美子が、来年以降も所属する「劇団青年座」に残留することを、一部スポーツ紙が報じている。

 同誌によると、プロデューサーとはW不倫だったこととともに、昨年6月に自らが代表の個人事務所を設立。事務所から独立を図っていることも報じられていた。

 しかし、一部スポーツ紙によると、会見後、藤吉と事務所の間で何度も話し合いを重ね、ようやく独立問題に結論。結果、「今までの形がいいんじゃないか」となり、残留することが決定したというのだ。

 「藤吉は音楽活動に力を入れたかったが、夫で俳優の太川陽介の協力は得られず。所属事務所も難色を示していたため、不倫疑惑のお相手の協力を得て2年ほど前から本格的に音楽活動をスタートさせ、個人事務所を設立。しかし、それほど稼げるビジネスにはならず、揚げ句、不倫疑惑が報じられる始末。藤吉としては、迷惑をかけた事務所との話し合いに応じ、残留するしか選択肢がなかったのでは」(芸能記者)

 藤吉のお相手の今後の見通しについて報じているのが、発売中の「フライデー」(講談社)。

 同誌によると、これまで浮いたうわさはなく、堅実な仕事人というイメージだったため、社員はみな報道に驚いているという。

 現在、所属は東京支社のドラマ部門のトップのポジション。

 藤吉、そして会見を開いた夫の太川とともに不倫の事実については認めず、何らかの処分が下されることはなさそうだというが、近いうちに大阪の本社に呼び戻されることになりそうだというのだ。

 「会見で藤吉はプロデューサーに『もう会いません』と宣言。イメージダウンは必至で、今後、しばらくオファーがなさそうなだけに、家庭も円満になるのでは」(同前)

 藤吉とお相手の関係はスッパリと切れそうだ。

関連記事(外部サイト)