宮崎で「ガキ使」スペシャルリアルタイム放送に驚きの声、地方のテレビ放送事情は?

宮崎で「ガキ使」スペシャルリアルタイム放送に驚きの声、地方のテレビ放送事情は?

(提供:リアルライブ)

 大みそかの恒例番組となっている『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の「絶対に笑ってはいけないシリーズ」が、宮崎県でリアルタイムに放送されることが番組公式Twitterで告知され、驚きの声があがっている。

 今では少なくなりつつあるが、地方では東京と同じ時間帯にテレビ番組が放送されているとは限らない。

 「レギュラー版の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の放送時間を見ると、ほとんどは同時ネットですが、北海道は火曜深夜、沖縄では金曜深夜となっています。かつては福岡県では土曜の夕方に放送されていたそうですから、そうなると深夜番組のテイストは失われてしまいますよね」(テレビ誌ライター)

 さらに、他局に比べてネット局が少ないテレビ東京の番組は、地方では深夜帯に詰め込まれる。90年代にモーニング娘。などを取り上げ一大ブームとなった『ASAYAN』は、地方では深夜番組だったのだ。もっとも、東京と地方で開きがあるのはアニメ放送であろう。

 「地方局におけるアニメ放送は、東京の放送分から2〜3週間遅れて放送されるのが常です。今回話題となった宮崎県は、アニメ放送が特に遅れることで知られており、真夏に放送された『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)で、しんちゃんがコタツに入っていたといった笑い話がラジオ番組で取り上げられたこともありますね」

 「笑ってはいけない」シリーズは、毎年民放首位の高視聴率を記録し、『NHK紅白歌合戦』に同じく国民的番組になりつつある。同時ネットの魅力はほかの番組以上にありそうだ。

関連記事(外部サイト)