サブちゃんが気にかけたキタサンブラックの血統問題

サブちゃんが気にかけたキタサンブラックの血統問題

(提供:リアルライブ)

 昨年の有馬記念を制覇して有終の美を飾り、今月7日に引退式を行った演歌歌手の北島三郎がオーナーのキタサンブラックだが、北島サイドから「血統NG発言」があったことを、発売中の「週刊ポスト」(小学館)が報じている。

 キタサンは通算獲得賞金18億7684万円で歴代1位(秋の古馬GI3冠ボーナス込ではテイエムオペラオーが1位)となったが、今後、北海道の牧場で種牡馬として生活。初年度の種付け料は500万円に決定したという。

 「種付け料の通常の相場は50万から200万円だが、やはりキタサンは別格。結果、有終の美を飾った有馬記念だが、もし頑張りすぎてケガをすると種牡馬としての生活が送れなくなってしまった。そのため、北島は周囲に『1位にならなくても、とにかく、無事に(ゴールに)戻って来てほしい』と話していたといいます」(競馬関係者)

 同誌によると、競馬の世界で父系の血統が重要視されるのは有名な話。キタサンの父は名馬ディープインパクトの全兄だが現役時代の実績はなし。そのため、初年度の種付け料は50万円だったという。

 有馬記念を間近に控えた昨年12月中旬、都内のホテルで北島主催の競馬関係者を集めた忘年会を開催。その際、北島サイドの関係者が各メディアの競馬記者に対し、「(キタサンの)血統のことは書かないように」とクギを刺したのだとか。種付け料が決まる前だったため、どうやら価格が下がることを危惧したようだ。

 「北島の体調は決して万全とはいえない。今後は歌手活動をセーブして、キタサンの“余生”を温かく見守りながら生活を送ることになりそうだ」(芸能記者)

 競馬場では健在ぶりをアピールした北島だが、北島の“引退宣言”後、やや物足りなくなった紅白への復活を期待したいものだ。

関連記事(外部サイト)