今後はアクション作品のオファーが増えそうな広瀬すず

今後はアクション作品のオファーが増えそうな広瀬すず

(提供:リアルライブ)

 今月、主演ドラマ「anone」(日本テレビ系)がスタートした女優の広瀬すずだが、すっかりキックボクシングにハマっていることを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

 同誌によると、広瀬は昨年7月から始めたキックボクシングにハマり中。意外にも、幼い頃からジャッキー・チェンに憧れていたそうで、ジムには週3回通っているという。

 余裕がある時は早朝6時に1回、仕事終わりにもう1回と、1日2回の猛特訓。おかげでダイエットにも成功し、3キロ近く痩せたのだとか。

 通っているのは都心のキックボクシングジム。駅から徒歩数分の好立地で、トレーナーからマンツーマンの指導が受けられるという。時間に融通が利き、ほかの生徒と顔を合わせる必要もないため、芸能人には安心のシステム。そのため、広瀬はすっかりハマってしまったようだ。

 小2からバスケットボールを始め、もともと運動神経抜群。あまりの上達ぶりに、仲の良いトレーナーから『女優をやめて、プロのキックボクサーとしてデビューしたら?』などとからかわれているほどだとか。また周囲に、「すごくアクションをやりたくなった。なんだか新しい世界が見えてきた気分!」と話しているというのだ。

 「もともと、事務所の先輩である勝地涼に連れられて行ったが、初めてやったとは思えない力強さに勝地もビックリだったとか。イケメントレーナーが多く、ほかにも多くの女性芸能人が通っているが、料金はそれなりにするので、稼いでいないと通うのは難しい」(格闘技ライター)

 デビュー以来、広瀬は清純派のキャラと演技力を武器に女優としてステップアップを果たした。

 キックボクシングジム通いで新たな武器を身に付けただけに、仕事の幅がどんどん広がりそうだ。

関連記事(外部サイト)