ラッパー・UZI逮捕の影響

 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部が今月15日、大麻取締法違反(所持)の疑いでヒップホップミュージシャンのUZI(本名・許斐氏大)容疑者を現行犯逮捕していたことを17日、各メディアが報じた。

 報道をまとめると、逮捕容疑は今月15日、都内の自宅マンションの一室で乾燥大麻約600グラムを所持していた疑い。

 麻薬取締部によると、「自分で使うために持っていた」と容疑を認めているという。乾燥大麻は真空パックに入れられた状態で見つかり、同部では入手の経緯などを調べるとしている。

 同容疑者はラップバトル番組「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日系)の進行を務めているが、同局は16日深夜放送回を総集編に差し替え。次回以降の収録済み放送回のうち、同容疑者の出演部分の扱いは調整中だという。

 同じ番組でMCを務めるZeebraは同日、ツイッターで「UZIの件でダンジョンが急きょ放送中止や内容変更になってしまいました…。番組のオーガナイザーとして、楽しみにしていたファンの方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです…」とファンに謝罪した。

 TBSは、同容疑者がナレーションを務める同局系番組「有田ジェネレーション」の17日深夜放送分のナレーションを差し替え。今後については未定としている。

 同容疑者がレギュラー出演していたウェブラジオ「WREP」の「渋谷WREP学園」は17日から19日までの放送が中止になることも決定した。

 「昨年末あたりも、大物ミュージシャンの薬物での逮捕情報が流れていたが、どうやらUZIのことだった。かなり人脈が広いことから、逮捕をきっかけに“薬物ルート”の徹底解明と行きたいところだろう」(全国紙社会部記者)

 テレ朝にとってはダメージが大きかったようだ。

関連記事(外部サイト)