『ナカイの窓』出演の山田まりや、ほかのレジェンド巨乳は?

『ナカイの窓』出演の山田まりや、ほかのレジェンド巨乳は?

(提供:リアルライブ)

 元グラビアアイドルでタレントの山田まりやが、1月17日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演した。この日は「グラビアレジェンドSP」として、インリン、かとうれいこ、細川ふみえ、篠崎愛も出演。山田は自身のInstagramでかとうと細川との3ショットも披露した。

 かとうや細川は90年代を代表する巨乳グラビアアイドルといえるが、ほかには誰がいただろうか。

 「有名どころでは雛形あきこですね。前かがみになって胸を強調するポーズは“雛ポーズ”と呼ばれ、以降のグラビアに定着したほどです。彼女はもともと児童劇団で活躍していたのを、巨乳タレントを多くそろえることで知られるイエローキャブの野田義治社長が見初め、電話帳で珍しかった『雛形』の名前を調べて連絡を取ったといったエピソードがあるほどです」(アイドルライター)

 雛形は『めちゃ×イケてるっ!』(フジテレビ系)など、バラエティ番組の出演でも知名度をあげた。一方で、ひっそりと消えてしまった巨乳アイドルたちもいる。

 「愛くるしいルックスで、多くの青年漫画雑誌の表紙に登場した青木裕子は、歌手として売り出される計画があったようですが、頓挫してしまい、現在は芸能界を引退しています。どう売るのかを見誤ってしまったパターンといえるでしょう。青木と同時期に活躍した黒田美礼は、フジテレビのビジュアルクイーンに選ばれていますが、ブレイクを果たせませんでした。顔つきが大人びていたことから、アイドル的な人気があまり出なかったといえるでしょう」(前出・同)

 90年代リバイバルブームが来て久しいが、巨乳アイドルもそのひとつなのかもしれない。これからも彼女たちの露出は増えそうだ。

関連記事(外部サイト)