テレビで見る機会がなくなりそうな松居一代

船越英一郎が所属するホリプロが松居一代を提訴も、松居が和解を申入れれば即受入れか

記事まとめ

  • 船越英一郎と離婚した松居一代が「悲しんでいる時は11s痩せました」と報道陣に応じた
  • 船越が所属するホリプロとの民事裁判には、「受けて立ちます」と一層語気を強めた
  • ホリプロは松居のYouTubeの動画やブログで船越の名誉を毀損したことに対し提訴

テレビで見る機会がなくなりそうな松居一代

テレビで見る機会がなくなりそうな松居一代

松居一代の公式ブログより https://ameblo.jp/matsui-kazuyo/

 昨年12月に夫で俳優の船越英一郎と離婚したタレント・松居一代が21日、都内で開催された「第27回たかの友梨エステティックシンデレラ2018」で審査員を務め、報道陣の取材に応じた様子を、各メディアが報じている。

 報道をまとめると、イベント終了後、報道陣の取材に応じた松居は、「悲しんでいる時は11㎏痩せましたが、今は本当に幸せ」と晴れやかな表情。

 離婚までを振り返り、「名義変更が大変でしたよ。銀行関係も多いし、投資関係も多いですから」とボヤきつつ、「これから頑張って100歳まで生きていかないと」と決意を新たにしていたという。

 また、名義変更が済んだことで、「パスポートも明日、取りに行こうと思っています」と発言。船越のパスポートを松居が預かっていたことが発覚していたが、「元旦那さんのパスポートは?」と聞かれると、「とっくにお返ししていますから、どうぞご自由に。もう私には関係のない方で、大っ嫌いですから」。「もう別の星の方だと思っています」と、昨年の離婚会見同様、船越と完全に別離したことを明かしたという。

 離婚は成立したものの、船越が所属するホリプロとの民事裁判がまだ残っていることには、「受けて立ちます」と一層語気を強めた。

「ホリプロは松居のYouTubeの動画やブログで船越の名誉を毀損したことに対し提訴。しかし、離婚が成立した今となっては、裁判を続けていても、あれこれ蒸し返されてしまうだけなので、松居が和解を申し入れればすぐに受けるのでは。その裁判が終了するまで、松居と船越の関係は切ることができない」(芸能記者)

 気になるのが松居の今後の活動。

「発言が危険なので、なかなか民放キー局に出演させるのは厳しそう。となると、また、YouTubeでの情報発信が中心になりそうだ」(テレビ局関係者)

 松居がYouTuberとして一儲けする可能性もありそうだ。

関連記事(外部サイト)