“身内”に裏切られたアンミカ

“身内”に裏切られたアンミカ

アンミカ

 モデル・アンミカの自宅に侵入し、高級腕時計を盗んだとして、警視庁高輪署が20日、窃盗と住居侵入の疑いで、マネジャーの滝口恭平容疑者を逮捕したことを、各メディアが報じた。

 報道をまとめると、逮捕容疑は昨年12月から今年1月までの間、東京都港区にあるアンミカ宅に侵入し、室内にあったアンミカの夫の時価100万円相当の高級腕時計を盗んだ疑い。

 被害に気付いたアンミカが所属事務所に相談。滝口容疑者が腕時計を盗んだことを認め19日に事務所が解雇。同日、上司に付き添われて警察に出頭し、逮捕されたというのだ。

 滝口容疑者は日頃からアンミカの家の鍵を預かっていたそうで、警視庁はその鍵を使って家に侵入したとみて調べているというが、調べに対し、滝口容疑者は「盗んだことに間違いはありません」と容疑を認めているという。

 事件が報じられた22日、アンミカの夫で、実業家のセオドール・ミラー氏がインスタグラムに投稿。雪景色となった自宅テラスの写真を掲載し、「ハンモックタイムじゃないな。。。」とジョークを飛ばした後、「今日色々あった」などとコメントした。

「一部報道によると、滝口容疑者がアンミカの担当になったのは1年ほど前。そのぐらいしか付き合いがないのに合鍵を渡すのはかなり脇が甘い。テレビなどで公開しているが、自宅は2000年、1億円で購入したメゾネットタイプの高級マンション。日頃から滝口容疑者が金目の物を物色していた可能性もあり、余罪が浮上するのでは」(週刊誌記者)

 アンミカといえば12年にミラー氏と結婚。その際、「セレブ婚」などと騒がれたが、後にテレビ番組で「財布は折半。結婚してから1円ももらってません」などと夫にまったく頼っていないことを明かしていた。

 滝口容疑者の動機が非常に気になるところだ。

関連記事(外部サイト)