「喜楽館」の名称ヤラセ疑惑が浮上で大ピンチの桂文枝 『新婚さんいらっしゃい!』も降板か

 22日、落語家の桂文枝が神戸・新開地に開場予定の演芸場「喜楽館」の命名について、知人女性を介在させる「不正」を行っていたと『週刊現代』(講談社)報じた。

 演芸場の名称は、一般公募のなかから文枝と「新開地まちづくりNPO」が選考。最終的に「喜楽館」という名称に決定した。

 週刊現代によると、この一般公募に文枝が介在。知人女性に「喜楽館」と応募するように頼み、それを採用したという。そして、女性を「命名者」としたのだそう。

 最終選考は文枝が名称を選び、「新開地まちづくりNPO」がそれを受け入れる形だったようで、「出来レース」だった模様。ただし、現在のところ「疑惑」であり、それが事実であるかは不明。今後、「新開地まちづくりNPO」が事実関係を確認し、結果を発表する方針だ。

 「不倫については『芸の肥やし』と考える人もいるようですが、今回の件は不正。事実ならば、社会的信用を失う行為と言わざるをえず、ペナルティが課せられる可能性が高い。

 文枝については、度重なる不倫問題で『新婚さんいらっしゃい!』(朝日放送系)の降板や打ち切りがささやかれている状態。今回の件が事実であった場合、追い打ちになることは間違いありません。

 あとは事務所がどうフォローしていくかですが、さすがに今度も庇い続けることは、後輩タレントへの示しがつかない。番組降板は避けられないのでは」(芸能関係者)

 疑惑が「うそ」であることを祈りたいものだ。

関連記事(外部サイト)