爆問太田、博士と岡村の確執蒸し返す

爆笑問題の太田光、浅草キッド水道橋博士とナイナイ岡村隆史の「確執」語り博士が呆れ

記事まとめ

  • 爆笑問題の太田光が浅草キッドの水道橋博士とナインティナインの岡村隆史の確執に言及
  • 岡村は博士に殴り込みをかけられた記憶違いを訂正し、「博士はいい人」と謝罪した
  • 博士は「事実関係を時系列でひとつひとつ丁寧に教えてあげたい」と太田に呆れている

爆問太田、博士と岡村の確執蒸し返す

爆問太田、博士と岡村の確執蒸し返す

(提供:リアルライブ)

 爆笑問題の太田光が、1月23日深夜に放送されたラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において、浅草キッドの水道橋博士とナインティナインの岡村隆史の確執について言及した。

 岡村は18日に浅草で行われた博士のライブ「ザ・フランス座5」に出演。その夜の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、『ビートたけしのオールナイトニッポン』と同じ木曜深夜1時の放送枠で番組をはじめるにあたり、博士に殴り込みをかけられた記憶違いを訂正し、「ただただ博士はいい人でした」と謝罪した。

 これを受け、太田は「当時、博士が岡村に殴り込みをかけたのは、うっすら聞いた覚えがある」「なんだか誤解が解けたようになってるけど、俺に言わせりゃ絶対に責めてる」「当時の博士は(吉本の若手芸人ユニットである)天素で(大阪から)来ている奴なんか潰そうとしていたからね」と持論を展開。自身も1990年にビートたけしの代打を務めた『オールナイトニッポン』で、博士に殴り込まれたエピソードを引き合いに出し、「俺らのところに来たときも、朝まで2〜3時間しゃべっていた」「足踏まれた方は覚えてるんだから、こっちは」とヒートアップした。

 この太田の発言に対し、博士は24日朝にTwitterを更新。「ホント事実関係を時系列でひとつひとつ丁寧に教えてあげたいわ」「当時の天素への苛立ちすら『無い』からね」「阿佐ヶ谷の総理大臣は何時もウラトリなしのフェイクニュース」と呆れ気味の様子だった。

関連記事(外部サイト)