ナイナイ岡村、爆問太田の博士話に言及

ナイナイ岡村、爆問太田の博士話に言及

(提供:リアルライブ)

 ナインティナインの岡村隆史が、1月25日深夜放送の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、23日深夜の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)における太田光の発言に言及した。

 岡村はビートたけしと同じ枠で『オールナイトニッポン』のレギュラーを始めるにあたり、浅草キッドの水道橋博士に殴り込まれたエピソードをたびたび披露していたが、18日に出演した博士のライブと、その後のラジオで「記憶違い」を報告していたが、これに対し、太田は「岡村は気が弱いから押し切られただけ」「博士は絶対に岡村を責めてる」と話を混ぜ返していた。

 それに対し、岡村は「もう一回いろんな記憶をたどっていくと太田さんの話も一理あるかなと思った」と述べ、「僕が記憶違いをしていたように博士も記憶が違っていると思うんですよ」と話し始めた。

岡村は、博士は岡村が住んでいた下目黒の自宅へ車で乗り付け、ボンネットに変なオブジェをつけていた記憶がある。しかし、博士とも交流のある番組の放送作家によれば、当時の博士は車ではなく原付バイクに乗っていたという。岡村は「それくらい人間の記憶ってあいまいなものなんですよ」と語った。

さらに、大相撲の日馬富士の暴行事件を引き合いに出し、「当事者同士よりも第三者機関がないといけない。僕と博士の間では第三者機関は太田さんしかない」と述べ、ニッポン放送、TBSラジオとお互いのホームで話していても決着がつかないので、「TOKYO FMか文化放送で、博士、太田、岡村で番組をやるしかない」と唐突な提案を行った。

この日の放送では、ハガキ職人のネタでも『アウトレイジ』や『世にも奇妙な物語』になぞらえて、岡村の記憶違いを指摘するものが相次いだ。

確かに、岡村の思い込みは激しく、トークにおいても「当時の(浅草)キッドさんは怖かった」「なんなら(博士に)一発くらい殴られてるかもしれない」とも述べていた。和解へ至ったかに見えた騒動は再燃を始めそうだ。

関連記事(外部サイト)