関ジャニ推し?『音楽チャンプ』打ち切りでジャニーズがテレ朝に突きつけた要求

関ジャニ推し?『音楽チャンプ』打ち切りでジャニーズがテレ朝に突きつけた要求

画像はイメージです

 「関ジャニ∞」の村上信五と女優・黒木瞳が司会を務めるテレビ朝日系音楽バラエティー番組「今夜、誕生!音楽チャンプ」が、3月末で終了することが報じられているが、打ち切りを伝えて来た同局に対し、ジャニーズがある要求を突きつけていたことを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 同番組は、音楽で次世代のスターを目指す挑戦者らが歌やダンスを披露し、審査員の評価を受けながら頂点を目指すリアリティーオーディション番組。昨年6月に特番として放送され、同10月8日からレギュラー放送がスタートした。

 しかし、まだ正式には発表されていないものの、日曜夜の時間帯で視聴率が6%前後にとどまるなど低迷。そのため、さまざまな要素を総合的に判断した結果、スタートからわずか半年での打ち切りが決まったという。

 同誌によると、昨年10月にスタートした関ジャニのTBS系で初の冠番組「ペコジャニ∞!」も視聴率が低迷。そのため、同番組にも打ち切り話が浮上したが、ジャニーズに伝えると強硬に反対。TBSの上層部は震え上がり、打ち切り話がなくなってしまったのだという。

「ジャニーズの後継者である関連会社社長の藤島ジュリー景子氏は“関ジャニ推し”。そのため、ジュリー氏が“W打ち切り”を強硬に反対したようだ」(芸能記者)

 それに対して、テレ朝は「音楽チャンプ」の打ち切りを決定。そもそも、同局は「音楽チャンプ」の次に関ジャニの冠番組「関ジャム完全燃焼SHOW」を放送。

 関ジャニの番組が2本続くという、本来ならあり得ない構成だったが、ジャニーズは“共倒れ”になることを危惧し、「音楽チャンプ」の打ち切りを渋々認めたというのだ。

 ただし、「関ジャム完全燃SHOW」にいい流れでつなげるため、2時間枠のバラエティー番組にすることを要求しているというのだが…。

 果たして、テレ朝はその要求を受け入れるのだろうか。

関連記事(外部サイト)