熱愛さておき『私服がダサい』と話題の高橋一生 それを上回る芸能人は?

熱愛さておき『私服がダサい』と話題の高橋一生 それを上回る芸能人は?

高橋一生

 俳優の高橋一生と女優の森川葵の熱愛が『FLASH』(光文社)に報じられた。高橋といえば、さわやかな塩顔ルックスで、女性人気の高い人物として知られる。交際報道を受け、ネット上では嘆く声が聞かれるが、別の視点からもツッコミを受けている。

 「『私服がダサい』というものですね。高橋の格好はレザージャケットに黒ズボン、黒帽子に黒いトートバッグと、全身黒づくめです。さらに、腰に付けたウォレットチェーンが、高橋のイメージにそぐわないと話題になっています」(芸能ライター)

 高橋のレザージャケットはイギリス製の高級ブランドといった話もある。だが、本人のイメージとのギャップが問題となるのだろう。ほかの「私服ダサい」芸能人では誰がいるだろうか。

 「人気お笑いコンビフットボールアワーの後藤輝基は、私服がダサいことで知られていますね。対して相方の岩尾望は、おしゃれ大好きで知られ、服を大量に買い込むことで知られています。見た目はイケメンの後藤、ブサイクの岩尾ながら、ファッションセンスは正反対のようです。女性芸能人では、AKB系の人物のダサさが際立っていますね。ヤンキーセンスにあふれたジャージ姿を写されてしまった高橋みなみや、背格好のためか似合う服の少ない板野友美、奇抜な服を選びがちな横山由依などがよく知られています」(前出・同)

 芸能人のダサい私服はイコール安物の服ではなく、おしゃれすぎて着る人を選ぶ服を無理して身に付けてしまうことも原因といえるだろう。なにより高橋一生の熱心なファンにとっては、恋人発覚とダサい私服で、ショックのダブルパンチとなってしまったのは確かだろう。

関連記事(外部サイト)