元妻・高島礼子もお互い未練あり?高知東生、着々と俳優復帰中

高知東生氏が俳優復帰に向け始動と報道 高島礼子と高知氏は互いに未練あり復縁願う?

記事まとめ

  • 覚せい剤取締法違反および大麻取締法違反の疑いで逮捕され有罪判決を受けた高知東生氏
  • 俳優復帰に向けて始動していたことを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている
  • もう一度俳優として返り咲くことで、高島礼子と肩を並べたいと考えているという

元妻・高島礼子もお互い未練あり?高知東生、着々と俳優復帰中

元妻・高島礼子もお互い未練あり?高知東生、着々と俳優復帰中

高島礼子

 2016年6月に覚せい剤取締法違反および大麻取締法違反の疑いで逮捕され、同年9月に懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を受けた俳優の高知東生が、俳優復帰に向けて始動していたことを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

 事件を受け、高知は同年8月に女優の高島礼子と離婚。判決を受けた後も、横浜市内でセルフエステ店の経営を続けて生計を立てていたが、17年末、赤字のために閉店することが報じられていた。

 同誌によると、高知は「やっぱり俳優として復活したい」と考え周囲に相談。
最近は、知人に劇団を紹介してもらい、そこで下積みからやり直したい意向を明かしていたという。

 その思惑の背景にあるのは、高島への未練。いまだに復縁を願っており、もう一度俳優として返り咲くことで、高島と肩を並べたいと考えているというのだ。

 「おそらく、高知のみならず、高島にも未練があるはず。高島は結婚していた時、周囲に『自分にとって高知以上の男はいない』とアピールしていました。高知が浮気相手と大麻を吸引して逮捕された際も、高島は自分のことを責めていたと言います」(映画業界関係者)。

 高島は1月公開の映画「星めぐりの街」、3月公開の映画「北の桜守」にも出演し、3月公開の映画「おみおくり」では主演を務めるなど仕事はかなり順調。とはいえ、高知と離婚後のプライベートは決して充実しているとは言えないはずだが…。

 「高島の周囲はイメージの問題を気にして、高知との復縁だけは避けてほしい考えのようだ。とはいえ、高島が突っ走ってしまったらどうしようもないだろうが」(芸能記者)。

 高知の今後の動向が注目される。

関連記事(外部サイト)