“協会員”による組織票疑惑?北川景子、『日本アカデミー賞』発表前にとばっちり

【日本アカデミー賞】『探偵はBARにいる3』で受賞した北川景子に“組織票”疑惑が浮上

記事まとめ

  • 日本アカデミー賞で『三度目の殺人』の広瀬すずが最優秀助演女優賞を獲得した
  • 広瀬のほか、北川景子、薬師丸ひろ子、尾野真千子、夏川結衣が助演女優部門で受賞
  • 『探偵はBARにいる3』の配給は東映で賞を取りやすいといい北川に“組織票”疑惑が浮上

“協会員”による組織票疑惑?北川景子、『日本アカデミー賞』発表前にとばっちり

“協会員”による組織票疑惑?北川景子、『日本アカデミー賞』発表前にとばっちり

北川景子

 2日に都内で「第41回日本アカデミー賞」の授賞式が開催され、「三度目の殺人」の広瀬すずが最優秀助演女優賞を獲得したが、同賞の候補者である優秀助演女優賞の5人のうち1人に選ばれた北川景子にとって、ありがたくない記事が出てしまった。

 日本アカデミー賞をめぐっては、2014年に「東京国際映画祭」のイベントで、北野武監督が問題提起。

 「日本アカデミー賞最優秀賞は松竹、東宝、東映、たまに日活の持ち回り。それ以外が獲ったことはほとんどない。アカデミー賞の会員なんてどこにいるんだ。汚いことばっかやってる」と発言した。

 すると、その発言に日本アカデミー賞協会会長で東映の岡田裕介会長が「公正な投票」と反論。かえって火に油を注ぐ結果となってしまった。

 そして迎えた今年の「日本アカデミー賞」だが、3月1日に掲載された、「週刊新潮」(新潮社)のネット版「デイリー新潮」が「探偵はBARにいる3」で受賞した北川について、“組織票”疑惑が関係者の間で指摘されていることを報じた。

 北川、そして最優秀を受賞した広瀬のほか、薬師丸ひろ子、尾野真千子、夏川結衣が助演女優部門で受賞。しかし、厳しい視点で5人を比べると、ほかの4人に比べ北川の演技はレベルが違うのだとか。

 それでも選ばれた背景には、映画関係者を中心とした日本アカデミー協会員4319名による投票で決めるが、そのうち4分の1を大手映画会社5社の社員が占めることなどがあったというのだ。

 「『探偵はBARにいる3』の配給は東映だけに、賞を取りやすい。ほかの映画賞の助演女優賞は『幼な子われらに生まれ』の田中麗奈が2冠だが、配給が大手ではないため『日本アカデミー』では選ばれなかった。そのあたりでまたまた論争が巻き起こってしまう」(映画ライター)

 とはいえ、やり玉にあげられた北川はたまったものじゃなかったはずだ。

関連記事(外部サイト)