吉岡里帆、「春の訪れを感じる」 茶レポで専門家うならせる

吉岡里帆、綾鷹イベントで「茶レポ」 宇治の茶舗「上林春松本店」代表の上林氏が絶賛

記事まとめ

  • 吉岡里帆が「綾鷹 茶葉のあまみ」のイベントに出席、お茶についての持論を展開した
  • 「包み込んでくれるような奥深い茶葉のあまみ。春の訪れを感じるような味わい」と感想
  • 創業450年の歴史を誇る宇治の茶舗「上林春松本店」代表の上林秀敏氏も"茶レポ"を絶賛

吉岡里帆、「春の訪れを感じる」 茶レポで専門家うならせる

吉岡里帆、「春の訪れを感じる」 茶レポで専門家うならせる

吉岡里帆

 女優の吉岡里帆が7日、都内で行われたイベントに出席。出演する「綾鷹 茶葉のあまみ」のCMでも着用している清楚な衣装で登場すると、京都出身らしくお茶について持論を展開。創業450年の歴史を誇る宇治の茶舗「上林春松本店」代表の上林秀敏氏を“食レポ”ならぬ“茶レポ”でうならせた。

 新商品では、お茶のあまみがセールスポイントになっているというが、上林氏がこの日特別に煎れたお茶を試飲した吉岡は「まろやかで、まるで包み込んでくれるような奥深い茶葉のあまみ。春の訪れを感じるような味わいです」と感想をしみじみ。これに上林氏は感心しきりで「さすがです」とにっこり。「お茶を表現するのにふさわしい素晴らしいコメントだと思います。ぜひ、わたしも使わせていただきます」と絶賛して吉岡を照れさせた。

 吉岡は「お茶の味に癒されます。わたしもお茶が大好きで朝、昼、晩と飲む習慣があるんです。家に帰って仕事の疲れを癒すために、急須で(入れて)お茶を飲んだりもします」とお茶愛を語り、「これからお茶がとてもおいしくなる季節。みなさんもぜひいろんなシチュエーションでお茶を楽しんでください」と呼びかけていた。(取材・文:名鹿祥史)

関連記事(外部サイト)