「『ぷっ』すま」終了を悲しむ声…AbemaTVで復活の可能性は?

「『ぷっ』すま」の元SMAP草なぎ剛とユースケ・サンタマリア、AbemaTVで復活も?

記事まとめ

  • 元SMAP草なぎ剛がメイン務める「『ぷっ』すま」(テレビ朝日)が3月末をもって終了する
  • 元SMAP3人は4月からテレビ出演をAbemaTVに集約させるが、AbemaTVの主な出資元はテレ朝
  • AbemaTVでのユースケ・サンタマリア&草なぎの番組復活の可能性は十分あるとの見方も

「『ぷっ』すま」終了を悲しむ声…AbemaTVで復活の可能性は?

「『ぷっ』すま」終了を悲しむ声…AbemaTVで復活の可能性は?

草なぎ剛

 3月8日、テレビ朝日は予てから終了の噂が絶えなかった、元SMAPの草なぎ剛がメインを務める「『ぷっ』すま」(金曜深夜0・50)が3月末をもって終了することを発表した。

 「『ぷっ』すま」は、1998年に10月に放送がスタート。草なぎ剛とユースケ・サンタマリアのゆるいコンビが人気を呼び、今年で放送開始20周年の節目となるはずだった。

 テレビ朝日は「『ぷっ』すま」の終了について、「20年の1つの区切りとして終了を決定した」「3月末をもって卒業という形にしたい」と語っており、視聴率の低迷などが直接的な原因ではなかったという。

 その一方、ネットでは今回の突然ともいえる「『ぷっ』すま」終了は、やはり、ジャニーズ事務所側の圧力と見る関係者は多く、また、本番組が『SMAP×SMAP』に次ぐSMAPの長寿番組だったという事実もあり、視聴者側にも熱狂的なファンが多かった。

 それだけに、世の「『ぷっ』すま」ファンからは「なんとか続行して欲しい」との声が絶えないのだという。

 事実、「『ぷっ』すま」はSMAPのアナグラムであり、草なぎがSMAPであることが前提の番組のため、今回の放送終了はやむを得ない事情もあると思われるが、「『ぷっ』すま復活」の可能性について、某雑誌の記者はこう推察する。

 「草なぎさんら元SMAPは、4月からテレビ出演をAbemaTVに集約させます。AbemaTVの主な出資元は、『ぷっ』すまの放送局であるテレビ朝日なので、『ぷっ』すまというネーミングを使わないユースケ&草なぎの番組であれば、復活の可能性は十分あります」

 また、記者は復活になった場合のタイミングについてこう分析する。

 「ユースケ・サンタマリアさんの所属事務所はジャパン・ミュージックエンターテインメントというナベプロ系の事務所で、ジャニーズとも協力関係にある会社なのですが、社長の人徳もあり、派閥に関係なく全方位外交をする事務所として有名なので、ジャニーズが許可するタイミングさえ見計らえば、復活は意外と早いかと思われます。一日も早い復活には、やはりファンの応援やリクエストが大事かと思います」

 果たして「『ぷっ』すま」は奇跡の復活を果たすことはできるのか…?

関連記事(外部サイト)