“激戦区”時間にレギュラー化!『池の水』は抜きつくしてしまわないのか?

テレ東『池の水ぜんぶ抜く』がレギュラー化 『西郷どん』や『イッテQ』裏番組に

記事まとめ

  • テレビ東京の人気番組シリーズ『池の水ぜんぶ抜く』が4月からレギュラー化される
  • 日曜午後8時枠で、NHK『西郷どん』や日テレ『世界の果てまでイッテQ!』の裏番組に
  • 月イチレギュラー化で"抜きつくす"危険やマンネリ化が懸念されている

“激戦区”時間にレギュラー化!『池の水』は抜きつくしてしまわないのか?

“激戦区”時間にレギュラー化!『池の水』は抜きつくしてしまわないのか?

田中直樹

 テレビ東京の人気番組シリーズ『池の水ぜんぶ抜く』が2018年4月からレギュラー化される。月に1度のペースで放送される予定だ。時間は日曜午後8時枠であり、NHKの大河ドラマ『西郷どん』や、日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』の裏番組となる。

 「『池の水ぜんぶ抜く』は、2017年1月からはじまった番組です。MCにロンドンブーツ1号2号の田村淳とココリコの田中直樹をむかえ、専門家の立ち会いのもと、池の清掃とともに生態系を調べるものです。これまでに6回の放送が行われ、10%超えの視聴率の回もあるなど、隠れた人気番組として知られます。大胆なアイデアを形にするテレビ東京らしい企画といえますね。伊集院光がラジオでこの番組の面白さを絶賛し、番組出演を果たし話題となりました」(放送作家)

 番組はこれまで2〜3か月にいっぺんの不定期放送だったが、月イチレギュラー化で“抜きつくす”危険はないのだろうか。

 「番組では、スペシャル番組として毎回3〜5つの池の水を抜いていますから、1度の放送で1つの池を取り上げていけば、当分尽きることはないでしょう。番組を観た各自治体などから、『うちでも抜いてくれ』の声も相次いでいるようです。ただ、毎回パターンが同じとなってしまうマンネリ化は避けたいところですから、そこは演出力に期待ですね」(前出・同)

 NHKで1983年から放送されている人気番組『小さな旅』は毎回、関東1都6県と甲信越の市町村を取り上げてきた。ほぼすべての街に「行き尽くした」ため、2010年4月より対象地域と放送網が全国に拡大された。この例を見てもわかる通り、当分、池の水を「抜きつくす」可能性はなさそうだ。

関連記事(外部サイト)