サンドウィッチマン・伊達“好感度に苦しんでいる”告白でまた好感度上がる

サンドウィッチマン伊達みきお、『ボクらの時代』で糸井重里に“好感度”の悩みを語る

記事まとめ

  • 『ボクらの時代』(フジテレビ系)にサンドウィッチマンと糸井重里が出演した
  • 糸井はサンドウィッチマンの東日本大震災チャリティー活動の熱意や上手さを褒めた
  • 伊達みきおは「"良い人"の印象が強くなり芸人としての活動がしづらくなった」と語った

サンドウィッチマン・伊達“好感度に苦しんでいる”告白でまた好感度上がる

サンドウィッチマン・伊達“好感度に苦しんでいる”告白でまた好感度上がる

伊達みきお

 3月11日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)にサンドウィッチマン糸井重里が出演。サンドウィッチマン・伊達みきおが東日本大震災後の自身の変化を語った。

 糸井は「サンドウィッチマンさんのこれ見よがしじゃなくて、グルグル回ってる感じ。(チャリティー活動を)普通にやってるじゃないですか?『良いことしましょう』じゃなくて」とサンドウィッチマンのチャリティー活動の熱意や上手さを褒める。

 ただ、伊達は「好感度に苦しんでます。そんなにないですよ?好感度。立派な人になる必要はないですからね、芸人は」とチャリティー活動を通じて“良い人”の印象が強くなってしまったことで、芸人としての活動がしづらくなったと苦労を口にする。

 続けて、糸井は「“お笑い”ということで、気を使ったことはあります?」と震災後に何か芸人としての変化はあったのか質問。

 伊達は「今だから言えることだと、僕らのネタって『死ぬ』って単語が結構出てくるんですよ。それをやめましたね。やっぱり、簡単には出せないなっていうか」とコント中のセリフに気を配るようになったと語った。

 また、伊達は震災を経験したことで「友だちと『今度、飯行こうね』っていう、いつ行くかわからないような約束するじゃないですか?そういう時は必ず会うようになりましたね。会えなくなるような気がして、何があるかわからないじゃないですか」と「いつか会おう」ではなく「いつ、どこで会おう」という約束を明確にするようになったと話した。

 ネットでは、「確かに何があるか分からないからな」「会いたい人とはちゃんと会うようにしよう」「『また会おうって言ったら必ず会う予定を作る』って言ってて、とても良いなって思った」と伊達の考えに感銘を受けた人は多いようだ。

関連記事(外部サイト)