「すごい発見をした」安藤優子が褒めた ミタパン、皮肉も上々でキャスター向き?

フジ三田友梨佳アナが『直撃LIVEグッディ!』で公文書のミス発見 安藤優子は絶賛

記事まとめ

  • フジテレビ三田友梨佳アナが『直撃LIVEグッディ!』で公文書のミスを発見した
  • 財務省による文書書き換えで「安倍昭恵夫人の安倍の字が『安部』」と指摘
  • 安藤優子キャスターも「すごい発見をした」と絶賛、ネットでも称賛された

「すごい発見をした」安藤優子が褒めた ミタパン、皮肉も上々でキャスター向き?

「すごい発見をした」安藤優子が褒めた ミタパン、皮肉も上々でキャスター向き?

画像はイメージです。

 最近、フジテレビの三田友梨佳アナウンサーの評判がうなぎのぼりだ。

 13日、『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)では、学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐる財務省による決裁文書書き換え疑惑問題をトップニュースとして紹介したのだが、三田アナが重要なミスを発見した。

 三田アナは、パネルで掲示された改ざん前と後の文書を比較し、「2枚目なんですけど、安倍昭恵夫人の安倍の字が『安部』になっている」と指摘。「国の公文書なのに、こんな小学生でも分かるようなミスがあるなんて…」と皮肉も忘れなかった。

 これには、安藤優子キャスターも「すごい発見をした」と絶賛。ネット上でも「偉い」「この人はきっと良いキャスターになる」と讃えられていた。そして、「安藤優子に合わせながらも、意見が対立するときはきちんと自分の意見を言う、しっかりしてる」「安藤さんより三田を推したほうがいい」と、安藤キャスターと比較し称賛する声も多かった。

 しかし、そんな三田アナが間近で見てきたのは“キャスター安藤”の背中だ。

 「報道でバリバリやっていた安藤さんが、昼の情報番組に異動したのは降格と言ってもいい。夕方の報道から“ただ外す”わけにもいかず、昼に看板を持たせたということです。安藤さんとしてもプライドが許さなかった部分があると思いますが、切り替えて仕事をこなし、芸能ゴシップへのコメントもする。局では『この人は強すぎる』と言われています」(テレビ関係者)

 三田アナは過去に、番組で共演した志村けんから「通勤電車で痴漢に遭ったら実況しちゃえばいい」と冗談めかして言われたことがあったのだが、キャスターとして生きる安藤の姿を見てか、「情報番組をやっているとそれも考える」と答え、プロ意識の高さを伺わせた。

 平昌五輪の取材では、乱闘に巻き込まれそうになる姿をお茶の間に見せていたが、“おいしい絵が撮れる”と計算していたとしたら、まさにキャスター魂だろう。

関連記事(外部サイト)