いつの間にかHIROを超えていた 入院のクロちゃん、この先大丈夫?

安田大サーカス・クロちゃんの入院は教育目的か 昨年HIROは脳出血を起こし入院

記事まとめ

  • 安田大サーカスのクロちゃんの入院は、食事の改善など教育目的の入院と見られている
  • HIROばかり注目されがちだが、クロちゃんも以前より健康不安が取りざたされてきた
  • クロちゃんは性格にも難があるといわれ、「入院も気を引くためのウソ」と疑われるほど

いつの間にかHIROを超えていた 入院のクロちゃん、この先大丈夫?

いつの間にかHIROを超えていた 入院のクロちゃん、この先大丈夫?

安田大サーカス・クロちゃん

 お笑いトリオ安田大サーカスのクロちゃんが入院したことがわかった。何かの病気にかかったわけではなく、食事の改善など教育目的の入院と見られている。

 安田大サーカスといえば、2017年に6月にHIROが脳出血を起こしたことで知られる。巨漢のHIROにばかり注目が集まりがちだが、クロちゃんもかねてから健康不安が取りざたされてきた。

 「クロちゃんは身長171センチに対して体重は110キロを越えています。かなりの肥満体であるといえるでしょう。身長177センチのHIROが病気療養後は93キロまで落としていることから、トリオで一番“重い”人になっています。さらに、日ごろから暴飲暴食を繰り返しており、『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)で受けた健康診断の結果、2型糖尿病のほか腎臓や肝臓の機能にも問題があるといわれています。医師から運動療法などをアドバイスされるも、まったく受け入れている様子は見られません」(芸能ライター)

 さらに、クロちゃんは、健康ばかりではなく、性格にも難があるといわれている。

 「いまや、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の“目隠しドッキリ”で、ドッキリ芸人としての地位を築いたといわれますが、そこでも本性を表していますね。後輩からヤバイDVDを受け取り、警察に職務質問をされるドッキリでは、後輩の名前を出し自分の無実を叫びました。また、HIROが病気で入院した時も、御見舞は団長安田から無理やり連れていかれた一度きりだったと『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で暴露され批判を浴びていましたね」(前出・同)

 こうしたキャラクターのため、ネット上では「入院も気を引くためのウソではないか」と疑われるほどだ。末永く活躍するためにも、今度こそ健康を志して欲しいものだ。

関連記事(外部サイト)