【ジャニーさん語録】ホントに「YOU、○○しちゃいなよ!」と言う?

【ジャニーさん語録】ホントに「YOU、○○しちゃいなよ!」と言う?

画像はイメージです

 ジャニーズタレントがトークをする際のテッパンネタといえば、ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏にまつわる実話だ。創業者にして、86歳。バリバリの現場主義だが、ここ数年はおもに、ジャニーズJr.の発掘・育成に精力を注いでいる。原石をダイヤモンドにする目は確かで、日本のエンターテインメント業界を華麗に彩ってきた。そんなジャニーさんのことを所属タレントが話す際、必ずといっていいほど、「YOU、○○しちゃいなよ」とものまねをする。では、ホントにジャニーさんは、この言葉を使うのだろうか。

 嵐・松本潤は、電話でモロに言われている。松本といえば、今期の連ドラで平均視聴率トップを堅持している『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』(TBS系)が今月18日、2時間スペシャルで最終回を迎える。ジャニーズ入りのきっかけはみずから作っており、小学校の卒業式を終えた直後、姉に手伝ってもらって履歴書を書いている。同封した写真は、ハーフのような丸い目をした美少年。後日、ジャニーさんは、「いま、六本木のテレ朝でレッスンやってるから、YOUも来ちゃいなよ!」とみずから電話をかけて、本人を呼び出し。会ったその日に、入所許可を与えている。

 同じく、ジャニーさんから太鼓判を押されたのは山下智久。俳優と歌手の2足のワラジをはいている山下だが、今年7月27日にはテレビシリーズから映画化となった『劇場版コード・ブルー −ドクターヘリ緊急救命−』の公開を控える。ジャニーズ帝国への扉をノックしたのは、11歳のとき。シングルマザーで育ててくれた母へ恩返しをするために、自分で履歴書を書いた。すると、写真1枚でパス。以降、毎週金曜日の夜に電話がかかってくることを待つようになった。

 金曜夜の電話は、その週末の仕事を意味した。運悪く、自宅の電話に出られなければ、貴重な仕事はほかのJr.の手に渡ってしまう。そのため、当時は誰もがビビっていた。山下も、気が気じゃなかった。ある夜、ジャニーさんから直接、「YOU、日曜日にプール来ちゃいなよ!」と誘われた。雑誌取材だと思って行くと、ただ遊ばせてもらっただけだった。時には、プライベートのお誘いもあったようで……。

 俳優・京本政樹のひとり息子であるSixTONES・京本大我の場合は、小学6年生のときに家族で訪れたハワイで撮ったスナップ写真がジャニーさんの目にとまり、スカウトされた。その数日後、電話がかかってきて、「KAT-TUNのコンサートがあるから、来ちゃいなよ!」と誘われている。指定された神奈川・横浜アリーナに着くと、「YOUもジャニーズJr.に混ざって、踊っちゃいなよ!」と言われてステージに立つと、亀梨和也からJr.の新メンバーだと紹介された。

 「○○しちゃいなよ!」の常とう句で、予想外の雑誌・舞台デビューをはたした次代のエースは数多い。その共通項は、ジャニーさんが写真1枚で独断し、家の電話にみずからかけるというものだ。スマホ時代の今、ジャニーさんはどのようにして対応しているのだろうか。

関連記事(外部サイト)