続編放送決定の『過保護のカホコ』、インスタ好評も気がかりなのは三田佳子の“自虐”?

続編放送決定の『過保護のカホコ』、インスタ好評も気がかりなのは三田佳子の“自虐”?

高畑充希

 19日に放送されるドラマ『過保護のカホコ2018〜ラブ&ドリーム〜』(日本テレビ系)のインスタグラムがネット上で話題になっている。

 同作は昨年放送された連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の続編にあたるスペシャルドラマで、連ドラ終了時から1年後が描かれている。放送に先駆け、公式インスタグラムではオフショットなどを続々投稿。12日には名作映画『愛と誠』を模したポスターを投稿。13日は高畑充希演じる主人公・加穂子と、その夫で竹内涼真演じる初の熱愛発覚スクープ記事風の写真をポストし、「みなさん、すみません!放送まであと6日なのに、撮られちゃいました!!」とコメント。ネットからは、「めっちゃ笑った!本当の記事かと思った!」「毎回凝ってて本気で騙される」「毎回インスタ投稿が面白過ぎる!」といった絶賛の声を集めている。

 しかし、一方でネットからはネガティブな声も多々見られている。

 「その原因となっているのは、加穂子の祖母・初代を演じている三田佳子さんの存在です。昨年の連ドラ内で既に祖母は逝去しているものの、スペシャル版にも出演することが発表になっていました。しかし、10日に三田さんの次男である高橋祐也容疑者が覚せい剤取締法違反で4度目の逮捕。三田さんのシーンは予定通り放送されるとのことですが、かつて三田さんは高橋容疑者に月70万円のお小遣いを渡していたことも明らかにしていたことから、『過保護をネタにしてる場合じゃない』『過保護で息子を駄目にした人が出るってどんな自虐?』などの批判や皮肉が集まる事態になっています」(ドラマライター)

 『過保護のカホコ』では、母親と娘がゼロ距離で、子どもになんでもしてあげたい母親と、それに従うだけの親子関係が描かれた。一方、三田は幼い頃から息子に多額のお小遣いを与え、お手伝いさんを付け、まさに息子を文字通り過保護に育ててきたことを明かしている。『過保護のカホコ』は三田親子とはまた違う“過保護さ”だが、加穂子が自立し、結婚して家庭を持ったというストーリーに対し、いま三田は何を思っているのだろうか――。

記事内の引用について
『過保護のカホコ』公式インスタグラムより
https://www.instagram.com/kahogo_kahoko/?hl=ja

関連記事(外部サイト)