そういえば近頃見かけない川越シェフ 現在も“食”の世界で活躍中、意外な活動も

川越達也シェフは現在も食の世界で活躍 宮崎県の農家とのコラボやディナーショーも

記事まとめ

  • 川越シェフこと川越達也氏は一時ひっぱりだこだったが、「食べログ」事件で評価下落
  • 川越氏は現在、宮崎県の農家とコラボした事業やレストランのサポート事業を展開とも
  • 全国でディナショーやトークショーを開催し、気軽に写真撮影やサインに応じるという

そういえば近頃見かけない川越シェフ 現在も“食”の世界で活躍中、意外な活動も

そういえば近頃見かけない川越シェフ 現在も“食”の世界で活躍中、意外な活動も

川越達也

 一時はバラエティ番組にひっぱりだこで、CMや多くのコラボ商品を生み出していた川越シェフこと川越達也。もちろん本業である自身が経営しているレストラン「TATSUYA KAWAGOE」も大盛況で数か月先まで予約が埋まっている状態であった。しかし、とある事件をきっかけに一気にメディアから姿を消してしまったのだ。

 「川越さんの評判が一気に下がってしまったのは、やはり“食べログ事件”でしょう。食べログに川越シェフのレストランで水を頼んだら800円取られたというレビューがあったのですが、それに川越さんが『年収300万円、400万円の人には高級店の企業努力は分からない』と反論したと報道されました。その後もバッシングされ続け、レストランの集客もまばらに。本人が『できることなら僕の存在は忘れてもらいたい』とコメントする事態にまで至っています」(芸能ライター)

 そんな川越ではあるが、実は今でも“食”への情熱は薄れていないようで、違うフィールドで食に携わっている。

 「現在、川越さんは自身の出身地である宮崎県の農家とコラボし、宮崎の野菜を販売する『プレーンファーム タツヤカワゴエ』という事業を立ち上げたり、レストランのサポートやプロデュースをする『アンカーシェフ』という取り組みを展開しています。アンカーシェフのイベントは参加費が5000円程度とお安く、川越シェフも気軽に質問に答えるなど満足度が高いようです。ますますファンになりましたという声が多く聞こえ、飲食業界の人たちからは今でも尊敬されているようですね」(前出・同)

 だが、人前に出る快感を忘れてはいないのか、本業を離れた活動も続けているようだ。

 「全国でディナショーやトークショーを開催し、料理に関する話などをしているようです。中には2万円近いものもあるようですが、川越シェフが参加者のもとに足を運び、気軽に写真撮影やサインに応じるなどしていて、ファンサービスも充実しているそうですよ。今は庶民の目線になることも大切だと気づいたのかもしれません」(前出・同)

 他にも、趣味のゴルフが高じて不定期ながらゴルフ雑誌に寄稿していたり、ショッピングモールでイベントを開くなど充実した日々を過ごしている様子。

 テレビを離れても忙しい日々を送っていそうだ。

関連記事(外部サイト)