マツコ、“夢の国”を楽しめない劣等感を告白 ネットの意見は共感と反感の真っ二つ

マツコ、“夢の国”を楽しめない劣等感を告白 ネットの意見は共感と反感の真っ二つ

マツコ・デラックス

 19日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、ディズニーランドを楽しむ人たちについて、マツコ・デラックスが持論を展開しネット上で話題となっている。

 番組に寄せられた“ディズニー帰りで「夢から覚める瞬間」はいつか?”という視聴者投稿について、マツコと有吉弘行がトークを繰り広げた。マツコはディズニーランドに対して、「こんなものはもう絵空事なんだと思って生きて来た」との持論を展開。ディズニーキャラクターのグッズを身に着け、素直に楽しむ人たちの姿を見て「羨ましくはある」としながらも、真っ当な人生を選ぶ側から「あたしは外されたんだ」という劣等感と、そうした人たちに「負けてたまるか」という葛藤が未だにあると告白。マツコにとって、ディズニーランドを楽しむという姿は、“コンプレックスの対象”となっているようだ。

 ネット上には、「混じりたいけど基本的に自分がパリピじゃないと思ってるんだよ…フェスとかも行けないタイプ、オレも同じ」「悔しいけど斜に構えて冷めた目で見てる奴より 人目も気にせずハシャげる奴のほうが人生エンジョイできてるよね」「ディズニーランド行って楽しんでる人見ると人生間違えたって思うんだよね…でも、家に帰る途中でやっぱり自分はそっち側じゃないって感じる。それってたぶんずっと拗らせ続けてるんだろうな」とマツコに共感する声もあった。

 その一方で、マツコとは全く違った視点でディズニーランドを楽しんでいるという声も。「ディズニーキャラが可愛い。あの世界観が好きだから周りとか気にせず楽しめるけどなー」「子ども連れて行ったら楽しいって思えた。混みあってるアトラクションをできるだけ避ければイライラしないし楽しめると思う」「キャスト(スタッフ)が笑顔で接していて、ディズニーランドへ遊びに行くと幸せな気持ちになります。販売やってますがやっぱり対応が素晴らしいです」といった意見もあった。

 東京ディズニーランドは、オープン何周年という記念イベントだけでなく、夏秋冬と季節によって恒例イベントも開催するテーマパークだ。さらに、“隠れミッキー”というファン心理をくすぐる演出など、来場者を楽しませる工夫が細部にまで施されている。また、テーマパーク内で働くスタッフたちは「来場者を“ゲスト”と呼んでもてなす」「来場者に“わかりません”と答えてはいけない」など徹底した接客を指導されていることでも知られており、“夢の国”として良いブランドイメージを保ち続けている。

 マツコのように“幸せの象徴”として劣等感を覚え、複雑な思いを抱く人がいるのもこうした洗練されたサービスによるところもあるのかもしれない。ディズニーランド側も、“コンプレックスの対象”とされるとは想定外だったのではないだろうか。

関連記事(外部サイト)