さんま「どこまでついてないねん」ウエンツ、貴乃花とタイミング被り引退だと勘違いされる

さんま「どこまでついてないねん」ウエンツ、貴乃花とタイミング被り引退だと勘違いされる

ウエンツ瑛士

 10月からイギリスへ留学することを発表しているタレントのウエンツ瑛士が、25日、留学前最後となる『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演した。

 番組冒頭では、「ウエンツの留学発表の時に不機嫌そうな顔をしていた」と話題になった山瀬まみから「今日が最後だね」と優しく声を掛けられ、ウエンツも「頑張ります」と反応。番組途中には、明石家さんまの楽屋を生直撃し挨拶をしたウエンツだが、「親方が引退するなんてなあ。お前かぶったね、どこまでついてないねん」とこの日、大相撲の貴乃花親方が引退会見をしたことに絡めていじられていた。さらに、「お前も引退やろ?」と振られ、ウエンツは「いや、1年半!」と即答していた。

 それでもさんまは自身は英語を覚え、海外で挑戦したかったけど、「レギュラーが何本もあって行けなかった」と明かし、「サッカーグッズいっぱい送って」と懇願。さんまなりのエールを送っていた。

 安室奈美恵や滝沢秀明など、芸能界の引退が多い昨今。ウエンツは引退ではなく休止なのだが、ネット上では「ウエンツさんの引退残念です」「ウエンツの引退SP見てたら泣きそうになった」など“引退”と勘違いしてしまっている人も多いようだ。

 「ウエンツさん自身も各所で話していますが、今年は芸能人の引退が多く、さらにダレノガレ明美さんが数週間の留学をすることも話題になってしまったのでウエンツさんの芸能活動休止の話題が陰ってしまいました。本人は留学先では知り合いとは一切会わず、自分の力ですべてをこなす決意でいるため、そこまで気にしてはいないようですが、事務所としてはもう少し印象付けたかったと思っていると思います」(芸能記者)

 しかし、復帰後の活動に困ることはない様子。

 「今回もわざわざさんまさんが生出演していましたが、ウエンツさんは大物に好かれています。さんまさんとダウンタウンの松本さんを押さえている点は強いですね。さらに、『火曜サプライズ』のウエンツさんの“後釜”という形でヒロミさんが入る。大御所が引き継ぐというのは珍しいケースです」(前出・同)

 本人は舞台に力を入れるための留学だと言うが、帰国後はバラエティの仕事も引き続き待っているだろう。

関連記事(外部サイト)