乃木坂46・西野七瀬、心身共にグループ活動が限界だった? 異例のスケジュールで卒業か

「週刊文春」が卒業の乃木坂・西野七瀬の近況報じる 白石麻衣並ぶエースは異例待遇か

記事まとめ

  • 「週刊文春」が20日に卒業を発表した乃木坂46・西野七瀬の近況について報じている
  • グループの活動は年内いっぱいで終了し、来年卒業コンサートを開催する予定だそう
  • 卒業コンサートをもって活動を終了するものだが白石麻衣と並ぶWエースは異例の待遇か

乃木坂46・西野七瀬、心身共にグループ活動が限界だった? 異例のスケジュールで卒業か

乃木坂46・西野七瀬、心身共にグループ活動が限界だった? 異例のスケジュールで卒業か

西野七瀬

 今月20日にグループからの卒業を発表した乃木坂46の人気メンバー・西野七瀬だが、その近況について発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 それまでまったく卒業についての前触れがなかった西野だが、同日、突如グループの公式ブログで卒業を発表。卒業について、1年以上前から所属事務所と話し合って来たことを明かした。

 卒業後については、「一人になってからも、このお仕事は続けていきたい」と、芸能活動の継続を宣言。グループの活動は年内いっぱいで終了し、来年卒業コンサートを開催する予定だという。

 「本来ならば、卒業コンサートをもってグループの活動を終了するもの。しかし、白石麻衣と並ぶWエースの西野だけに、本人の意向を最大限に受け入れて異例のスケジュールになったようです」(レコード会社関係者)

 そんな西野の近況だが、もともと控えめな性格でアイドルには不向き。集団行動が苦手で、最近はよく友人に対して「疲れちゃった」とこぼしていたというのだ。

 グループの送迎車は複数のメンバーが相乗りする場合が多いというが、帰りの方向が一緒でも西野は決まって1人。

 自宅マンションも2年前までは、ほかのメンバーと同じ所に住んでいたというが、引っ越してからは1人でいる印象が強かったというのだ。

 「グループで活動していても、“心、ここにあらず”の心境だったのでは。すでに、メンバーの堀未央奈の初主演映画が発表されるなど、西野が抜けた後に向けて、西野の穴を補って余りあるメンバーが誰かを見極めるべく、ほかの主力メンバーが猛プッシュされています」(芸能記者)

 白石の卒業もうわさされる中、どのメンバーがエース級に成り上がるかが注目される。

関連記事(外部サイト)