横野レポーター「相撲協会からお金をもらっているわけではない」 古市氏、三浦氏納得いかず?

横野レポーター「相撲協会からお金をもらっているわけではない」 古市氏、三浦氏納得いかず?

貴乃花親方

 27日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、相撲コンシェルジュを名乗る横野レイコレポーターにコメンテーターの古市憲寿氏と三浦瑠麗氏が鋭く切り込むシーンがあった。

 この日の放送は、小倉智昭が夏休みのため不在。伊藤利尋アナと貴乃花親方の実兄・花田虎上氏、そしてコメンテーターの古市憲寿氏と三浦瑠麗が顔をそろえ、横野レイコレポーターを交えて貴乃花親方の退職届提出問題を議論した。

 横野レポーターは貴乃花親方の退職と今後について「将来のことについては相撲に関わりたいということを何度もおっしゃっていたので、一回決めたことを曲げない人ではありますけども、もしかしたら次の展開として相撲協会に戻るっていう可能性も全くないってことはないんじゃないかと期待しちゃったんですけど」と発言。これまで貴乃花親方を厳しく批判した態度を翻し、「残る期待」を口にした。

 これをとがめたのが、番組内でたびたび貴乃花親方を擁護してきた古市氏。「え、横野さん自身は貴乃花さんに相撲協会に残ってほしかったのか、それともようやく追い出せて嬉しいと思っているんですか?」と質問したのだ。

 横野レポーターはこれに対し、「そんなこと(追い出せて嬉しいと)思っているわけないじゃないですか」と否定。「私は相撲協会に残ってほしいなと思っていた。今、(貴乃花親方は)45歳ですけど10年後はどうか分からない。最後に65歳で辞める時には理事長という形になったらいいなと。協会内の人も相撲ファンもみんなそういう夢を励みにしていた」と語った。

 すると古市氏は「その割には(貴乃花親方に対する)嫌がらせみたいなことがあったんじゃないですか」と指摘。これに横野レポーターは「一門に所属しないといけないということに対してはなぜこの時期に決めてしまったのか、急いでいるなという印象を持っています」と協会の対応に疑問を呈した。すると、少々驚いた様子の古市氏は「横野さんでさえも嫌がらせに見えたんですか?」と聞いた。

 横野レポーターは「そうですね。私は別に協会寄り(の立場)でも何でもなくて。私は別に協会からお金をもらっているわけでもないのでね」と発言。意外な答えに、古市氏は苦笑い。続けて横野レポーターは「今回に関しては協会も急ぎすぎた。貴乃花親方も折れないところがあり、突っ張りすぎた両者が招いた不幸」と、原因は両者にあると口にした。

 話題は、協会が「5つの一門に所属しなければいけない」というルールを決めたことに移った。芝田山親方は「運営補助金などの透明化」「ガバナンス強化」を理由に挙げていた。

 これを聞いた古市氏と三浦氏は一様に失笑。古市氏は「協会はガバナンスって言葉を分かって使っているのか?流行りの言葉で使っているだけではないのか」と首をかしげる。三浦氏は横野レポーターに「協会はいつガバナンスに興味を持ち始めたのか」と聞くと、「世間からガバナンスがなっていないと言われたから。ここ1年くらいではないか」と振り返った。これに対し、花田虎上氏は「相撲協会はガバナンスが分かっていない」「100年くらい経過しないと変わることはない」と断罪した。

 コーナー終盤、「親方はいずれかの一門に属する必要がある」というルールが貴乃花親方を追い込んでいたのではないかと伊藤利尋アナが指摘すると、古市氏は「一門という仕組みとガバナンスって対極的ですよね」とバッサリ。

 古市氏は「一門ってローカルルールばっかりじゃないですか」と“一門”の狭さを指摘。「『ガバナンス』が組織を適切に管理するという意味なら、ちゃんと外部の目線も入れながら組織がちゃんと村のルールじゃなくて、日本全体の法律とも適合するようにちゃんと運営していきましょうっていう意味だと思う」と、協会の“ガバナンスの在り方”を説いた。

 さらに「ガバナンスが一門制度によって強化されるとは考えにくい。両極端なものをくっつけてガバナンスって言い張っている」と協会の考え方に疑問を呈した。三浦氏も協会がガバナンスを「全然違う意味に取っている」と指摘。これについては横野レポーターも反論できなかったようだ。

 これまでに何度も発言を皮肉られた古市憲寿氏に押され、今回は貴乃花親方擁護とも取れる発言をした横野レポーターだが、26日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、坂上忍から「圧力をかけられたことは確かなのか」と質問され、「空気で思い込んでいる部分がある」とし、協会の肩を持っていると取られかねない発言は相変わらずだ。

 また記者会見前に出演した25日の『直撃LIVE グッデイ!』(同)では「一門制度と退職は関係ないと思う」「(貴乃花親方は)途中で投げ出さないでほしい」と話し、こちらも協会寄りの発言に終始していた。

 今回の「協会からお金をもらっているわけでもないのでね」という発言は、彼女がネットの反応を見て発した言葉だと思われるが、少なくとも視聴者や古市氏は「執拗な貴乃花親方叩き」をしてきたと感じており、納得していなかった様子だ。

 「相撲協会からお金をもらっているわけではない」と言うなら、弟とは不仲ではあるが番組で相撲協会・貴乃花親方それぞれの側に立った意見を述べ、最後に「二人旅をしよう」と呼びかけた貴乃花親方の兄・花田氏のように、「公平な立場」で物事を見るべきだ。そして仮に本人が責任を感じているのなら、貴乃花親方に取材を申し込み、彼の主張を番組で明かすべきだろう。

関連記事(外部サイト)