タッキー、ライバル誌で『週刊文春』報道に真っ向から反論? その舞台裏は

【滝沢秀明が引退へ】週刊文春が報じた藤島ジュリー景子氏との不仲説をタッキー否定

記事まとめ

  • ジャニーズ事務所の滝沢秀明が、年内いっぱいで芸能活動から身を引くことを発表した
  • 滝沢は今井翼とのデュオ「タッキー&翼」として活動していたが、9月10日をもって解散
  • 「週刊文春」(文藝春秋社)などで報じられた藤島ジュリー景子氏との不仲説を滝沢は否定

タッキー、ライバル誌で『週刊文春』報道に真っ向から反論? その舞台裏は

タッキー、ライバル誌で『週刊文春』報道に真っ向から反論? その舞台裏は

画像はイメージです

 先日、年内いっぱいで芸能活動から身を引き、今後は同事務所のタレント育成やプロデュース業などに専念することを発表した、ジャニーズ事務所の滝沢秀明だが、発売中の「週刊新潮」(新潮社)にインタビュー記事が掲載されている。

 滝沢はもともと、今井翼とのデュオ「タッキー&翼」として活動していたが、9月10日をもって解散。

 滝沢は今後について、「年内いっぱいで芸能活動から引退し、ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に専念することを決意いたしました」と報告していた。

 その後、「週刊文春」(文藝春秋社)などで、滝沢が次期社長の藤島ジュリー景子社長との不仲ぶりが報じられていたのだが…。

 同誌のインタビューで滝沢は、「僕は毎日、ジュリーさんと連絡を取っていますよ」と不仲説を否定。さらに、「対立なんてことはまったくないんで」と重ねて否定した。

 また、元SMAPの中居正広と木村拓哉も、今回の滝沢の決断について気にかけてくれたことを明かした。

「『週刊文春』にスキャンダルを報じられまくっているジャニーズだが、ついにライバル誌の『週刊新潮』を抱き込むことにしたようだ。たしかに、滝沢本人が反論すれば一番説得力がある。ジャニー氏はこのところ、体調不良説が流れるほどでメディアに出るのは厳しいので、今後は滝沢がメディアに登場してジャニー氏の“代弁”をすることになるのでは」(芸能記者)

 ジャニー氏の“後継者”となった滝沢。同誌では、気になる社長就任についても触れたが、「それは絶対にないです。全くない。断言できます。経営陣に入るつもりもない」と言い切った。

関連記事(外部サイト)