土屋太鳳、好感度とは裏腹に主演作のヒットになかなか結びつかないジレンマ

土屋太鳳、話題作映画に続々出演するもヒットを出せず 最新作も初週9位スタート

記事まとめ

  • 土屋太鳳は数々の映画に出演しているが、なかなかヒットに結びつかないという
  • 菅田将暉や亀梨和也と共演した映画も話題性の割に結果は芳しくなかったそう
  • 公開中の芳根京子とのW主演映画『累−かさね−』もランキングは初週9位スタートだった

土屋太鳳、好感度とは裏腹に主演作のヒットになかなか結びつかないジレンマ

土屋太鳳、好感度とは裏腹に主演作のヒットになかなか結びつかないジレンマ

土屋太鳳

 土屋太鳳といえば、NHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインを務め、一躍国民的女優となった人気タレントだ。CMも、ダイハツ『ブーン』や織田裕二との共演で知られる『イーデザイン損害保険』、日本コカコーラ『爽健美茶』、さらに『JRA日本中央競馬会』のCMでは、松坂桃李、高畑充希、柳楽優弥という朝ドラ出身メンバーと共演するなど大活躍だ。

 「スタッフ受けは抜群です。また、テレビの前の視聴者もご記憶でしょうが、2年前の『オールスター感謝祭』(TBS系)に出たとき、『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(同系)の番宣のために恒例企画『赤坂五丁目ミニマラソン』に参戦。一時はトップに踊り出る力走を見せました。最終的には振るいませんでしたが、ゴールした際はその場に倒れこみ、過呼吸状態に。のちに彼女はこの時の自分について、『ドラマを見てほしかった』と振り返っています」(芸能ライター)

 だが、そんな業界での評判とは裏腹に、あまり出演作に印象がないのが土屋だ。特に映画もこなしているが、当たり外れが大きいことでも知られている。

 「『まれ』直後に封切られた『orange』、さらに翌年の『青空エール』は、王道の青春ラブストーリーでヒットしたのですが、その後が続きませんでした。鳥人間コンテストを題材にした『トリガール!』は初週からいきなりトップ10圏外という惨状。また、菅田将暉とのW主演だった『となりの怪物くん』も初登場6位でスタート。翌週以降徐々に順位を落とし、早々と圏外となってしまいました。KAT‐TUN亀梨和也と共演した映画『PとJK』も、話題性の割には初登場7位。かなりの頻度で出てはいるものの、そのたびに芳しくない結果が伝えられています」(芸能ライター)

 現在公開中の映画『累−かさね−』では、芳根京子とW主演。ところがこれもテレビ・雑誌ともに大プロモーションを展開していたのだが、ランキングは初週9位スタートだった。

 結果が伴わないとなかなか大作のオファーも舞い込みにくいが、それでも引きも切らないのは、やはり土屋の人望にあるかもしれない。次こそは「大ヒット作」の称号を手にして欲しいものだ。

関連記事(外部サイト)