欅坂46人気メンバーが突然の卒業発表 文春砲より運営が重視していたこととは?

欅坂46人気メンバーが突然の卒業発表 文春砲より運営が重視していたこととは?

欅坂46・志田愛佳

 体調不良のため活動を休止していた、アイドルグループ・欅坂46の志田愛佳が、グループを卒業することが16日、公式サイトで発表された。

 志田は2015年、欅坂46の第1期生オーディションに合格。昨年大みそかのNHK・紅白歌合戦では、「不協和音」を披露した際、過呼吸のような状態でダウンしていた。

 その後回復したものの、今年4月に行われたデビュー2周年ライブは体調不良で欠席。同5月には、「医師により一定期間の治療、静養が必要との診断が下った」として休養することを公表していた。

 公式サイトでは、「休養中の志田愛佳ですが、この発表をもちましてグループから卒業することになりましたので、ご案内申し上げます。在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました」と発表した。

 体調の回復ぶりなどについてはまったく触れられず、いきなり卒業発表となった志田だが、復帰はかなり難しかった模様。

 というのも、今年4月、地元・新潟で男性と「お泊まり」していたことを、「週刊文春」(文芸春秋)に報じられていたのだ。

 同誌によると、欠席した2周年ライブの最終日の翌日、志田は地元・新潟の有名公園で花見を楽しみ、イケメン男性と手をつないでいたという。

 志田と男性はほかの日も一緒に過ごし、互いの実家を行き来し、仲良くコンビニで買い物。とある日は、志田は男性宅に泊まり、翌日の夜まで出てくることはなかったというのだ。

 「すでに姉妹グループ・けやき坂46(通称・ひらがなけやき)を売り出し“世代交代”を進めているので、運営側としては志田のような人気メンバーでも見過ごせない“減点”があれば容赦なく切られることをアピールしたかったのでは。ほかのメンバーもプライベートに気を付けた方が良さそうだ」(芸能プロ関係者)

 トップアイドルにはそれなりの自覚が必要なようだ。

関連記事(外部サイト)