元銀行員アイドルが欅坂46に 人気アイドルにも意外なバイト歴が

 人気アイドルグループ欅坂46の新メンバーのお披露目が12月10日に日本武道館で実施されたイベントで行われた。そのうち2期生メンバーの松田里奈が元銀行員の経歴を持つと話題だ。松田は1999年生まれの19歳。2018年8月に坂道合同オーディションに合格し、欅坂46入りを果たした。年齢的に高校卒業後に銀行で働いていたのだろう。

 これを受け、ネット上では「元銀行員ってなんだか知的な印象もあるな」「これは、無名の新人アイドルにとっては大きな武器になるのでは」「元銀行員アイドルって日本に一人だけじゃね?」といった声が聞こえる。アイドルは、通常は10代の若いうちにデビューするため、そもそも、職歴やアルバイト歴がない人間が少なくない。だが、いきなりアイドル一本で食べられるわけではないため、アルバイトを並行する人間もいる。彼女たちはどういったバイト歴があるのだろうか。

 「2000年代なかばにアイドル的な人気を博したモデルの木村カエラは、高校時代に『Seventeen』(集英社)のモデルを務めるかたわら、お寿司屋さんでアルバイトをしていました。理由としては『お寿司が好きなので、バイトをすれば食べ放題では?』といった単純な動機からでした。ちょっと天然ボケ風のエピソードですね」(芸能ライター)

 さらに、10代のアルバイトの定番といえばマクドナルドなどのファーストフード店ではないだろうか。あのアイドルたちもマックの店頭に立っていた。

 「AKB48の横山由依は、研究生時代は東京と京都を高速バスで移動していました。これは電車よりも移動費が安いためですが、そのお金を稼ぐためにマックでバイトをしていたようです。このほか、クリスマスの時期には山崎製パンの工場でケーキ作りもしていました。元モーニング娘。の保田圭は、高校を中退後、地元のマクドナルドでアルバイトをしながらアイドルになるチャンスをうかがっていました。成績は優秀で、本社で表彰されたこともあるそうです」(前出・同)

 近ごろのアイドルはバラエティ番組などでエピソードトークを求められることも多い。そうした場合、アルバイト話はウケが良さそうだ。

関連記事(外部サイト)