「マモー・ミモー」で一世を風靡したバラドル、ちはる 現在は特技を生かして意外な活躍

「マモー・ミモー」で一世を風靡したバラドル、ちはる 現在は特技を生かして意外な活躍

吉川千春(ちはる)の公式Facebookブログよりhttps://www.facebook.com/chiharu.chum

 1990年代にいわゆるバラドルとして活躍したちはる。特に1990年から放送されていた『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(フジテレビ系)では「マモー・ミモー」のミモー役で出演し、一躍お茶の間の人気者になった。しかし、ここ数年はウッチャンナンチャンの活躍はめまぐるしいものの、共演していたちはるの姿は見かけない。今、彼女は何をしているのだろうか。

 「現在、ちはるさんは目黒にあるカフェの経営に奮闘していますよ。倉庫を改装した女性に人気のカフェで、休日は結構込み合うようです。ちはるさんの実家は酒屋なので、食への興味も昔から必然的に身についていたのかもしれませんね」(芸能記者)

 また、カフェのほかにも貸しスタジオやインテリアショップも営むという。

 「カフェと併設する形で、貸スタジオとインテリアショップがあります。実はちはるさんは90年代の半ばから、インテリアやファッションのプロデュースを手掛けていて、多くの書籍を販売するほどなんです。そんな実力もあり、貸スタジオはビンテージ感漂う雰囲気に定評があり、写真撮影やちょっとした結婚式などのパーティーに使われています。ロケ現場として使われることもあるのだとか。さらに、インテリアショップでは、小物やファッション雑貨などを取りそろえ、オンラインショップも人気の様子。そんなちはるさんの年商は、なんと9000万円。人件費などを踏まえると厳しいようですが、それでもここまで事業を成功させるあたりさすがです」(前出・同)

 また、プライベートでは2012年に14歳年下の男性と結婚している。

 「ちはるさんは1994年にヒップホップバンド『TOKYO No.1 SOUL SET』の渡辺俊美さんと結婚し、男児を出産しましたが、2010年に離婚しています。現在の夫はデザイン会社に勤めているようで、ちはるさんとの価値観も合うようですね。ちなみに渡辺さんとの間にできた息子さんの親権は、渡辺さんの方が持っているようです」(前出・同)

今でも少しながら、ドラマやバラエティ番組の出演もあるようで、自身のFacebookで「是非ご覧くださーい」と告知をすることもある。現在48歳になるちはるだが、年齢を感じさせないほどいまも若々しい姿が印象的だ。

記事内の引用について
吉川千春(ちはる)の公式Facebookブログよりhttps://www.facebook.com/chiharu.chum

関連記事(外部サイト)