2019年も「おっさん旋風」続く? 今期の“おっさん”ドラマが「アツい」と話題に

『おっさんずラブ』に続き"おっさん旋風"続く? 西島秀俊、小日向文世らドラマに期待

記事まとめ

  • 『おっさんずラブ』が昨年人気に、"おっさん"を取り上げた作品に期待値が高まっている
  • 西島秀俊、小日向文世、野口五郎、角野卓造らが出演の『メゾン・ド・ポリス』に期待も
  • 遠藤憲一の『私のおじさん〜WATAOJI〜』、光石研の『デザイナー 渋井直人の休日』も

2019年も「おっさん旋風」続く? 今期の“おっさん”ドラマが「アツい」と話題に

2019年も「おっさん旋風」続く? 今期の“おっさん”ドラマが「アツい」と話題に

西島秀俊

 ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)を皮切りに、2019年1月期の連続ドラマが続々とスタートした。ドラマの低視聴率化が叫ばれる中、「初回視聴率で二ケタ獲得できれば上々」といった風潮も出来上がりつつあるが、そんな中、女性ドラマファンの間で期待値が高まっているのが、“おっさん”をフィーチャーしたドラマだ。

 「昨年4月期に放送されたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。深夜帯にもかかわらず異例の大人気で、社会現象化しました。放送後は毎話のようにSNSに感想があふれ、最終回ではツイッターのトレンドで世界一位を獲得しました。その後も展覧会が行われ、映画化も決定。まさに『おっさん旋風』を巻き起こしました」(ドラマライター)

 そんな“おっさん”の需要が高まりつつある中、今期でもおっさんが中心のドラマが放送される。金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)もそのひとつ。

 「原作は加藤実秋の同名小説です。高畑充希演じる新人女性刑事の主人公が、退職した警察関係者のみが暮らすシェアハウスの住人たちとともに事件を解決していくストーリー。西島秀俊、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣が出演し、早くもネットからは『シェアハウスのおっさんたち…最高』『めっちゃ食指が動いてしまった』などと期待が集まっています」(同)

 また、深夜帯で注目したいのが金曜ドラマ『私のおじさん〜WATAOJI〜』(テレビ朝日系)、木ドラ25『デザイナー 渋井直人の休日』(テレビ東京)。

 「『私のおじさん』に出演するのは遠藤憲一。また、『デザイナー 渋井直人の休日』は光石研が主演。“おっさん好き”から人気だったドラマ『バイプレイヤーズ』(テレビ東京)シリーズで共演したふたりです。『私のおじさん』は岡田結実演じるバラエティ番組の新人ADである主人公がある日、遠藤憲一演じる“妖精のおじさん”に出会い、生活が一変していくというストーリー。『デザイナー 渋井直人の休日』は渋谷直角による同名漫画が原作で、中年男性の日常をコミカルに描いたゆるい作品となっています」(同)

 ネットからは『私のおじさん』について「テレ朝だから余計期待できる!」「プロデューサーが『おっさんずラブ』と同じだから期待できるわ」という声が。また、『デザイナー 渋井直人の休日』についても「また違うおっさん萌えができそう」「のんびりしたおっさんが主人公のドラマなんていい時代になったな」といった声が聞かれる。

 視聴者からの期待が高まる“おっさん”ドラマ。おっさん好きは必見だ。

関連記事(外部サイト)