キンプリが24時間テレビのメイン内定 日テレがどうしても阻止したかったことは

『24時間テレビ』メインパーソナリティーKing&Prince(キンプリ)が内定と報道

記事まとめ

  • 『24時間テレビ』メインパーソナリティーにKing&Prince(キンプリ)が内定と報じられた
  • 2003年にTOKIOが務めてから、昨年のSexy Zoneまで毎年ジャニーズが務めている
  • キンプリに内定する前に、ジャニーズ側は手越祐也ら所属のNEWSを売り込んだとも

キンプリが24時間テレビのメイン内定 日テレがどうしても阻止したかったことは

キンプリが24時間テレビのメイン内定 日テレがどうしても阻止したかったことは

画像はイメージです

 毎年恒例の日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ」の今年のメインパーソナリティーに、ジャニーズ事務所の人気グループ・King&Prince(キンプリ)が内定していることを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 同番組といえば、2003年にTOKIOが務めてから、昨年のSexy Zoneまで、毎年メインパーソナリティーをジャニーズの所属タレントたちが務めてきた。

 来年末での活動休止を発表している嵐は04年、08年、12年と13年の4回務め最多。ちなみに、16年末で解散したSMAPはグループとしては務めていないが、ジャニーズから独立して活動している草なぎ剛と香取慎吾は05年に2人で務めていた。

 「嵐のレギュラー番組があり、さらには『24時間テレビ』もあるので、ほかの民放キー局以上に日テレはジャニーズに忖度している。SMAPを起用しなかったのは、次期社長の藤島ジュリー景子氏にすり寄っているから」(テレビ局関係者)

 とはいえ、同誌によると、キンプリに内定する前、ジャニーズサイドはNEWSを売り込んだというが、日テレはクビをタテに振らなかったのだとか。

 それもそのはずで、昨年、メンバーの小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也が相次いで未成年女性との飲酒が発覚。
小山はその件により同局の「news every.」のキャスターを降板。加藤も活動自粛の処分を受けたが、手越には何のおとがめもなし。しかし、その後、また未成年女性との飲酒が発覚していた。

 「手越に関しては、何事もなかったかのように、昨年のロシアW杯現地リポーターを務めたため、局側に批判が殺到。そんな経緯もあり、さすがにNEWSを『24時間テレビ』に起用するのはリスクが高すぎる」(芸能記者)

 飛ぶ鳥を落とす勢いのキンプリなら視聴者も納得しそうだ。

関連記事(外部サイト)