あの不倫アナ、相次ぐエース級の退社でようやく復権? 深夜番組で鍛えた力を発揮できるか

テレビ朝日エース宇賀なつみアナと小川彩佳アナの退社で、不倫報道の田中萌アナ復権か

記事まとめ

  • テレビ朝日の宇賀なつみアナウンサーと小川彩佳アナウンサーが3月で退社
  • 「羽鳥慎一モーニングショー」宇賀アナの後任は、4月入社の元乃木坂46の斎藤ちはる
  • 加藤泰平アナとの不倫報道のあった田中萌アナが復権している事を"フラッシュ"が報じた

あの不倫アナ、相次ぐエース級の退社でようやく復権? 深夜番組で鍛えた力を発揮できるか

あの不倫アナ、相次ぐエース級の退社でようやく復権? 深夜番組で鍛えた力を発揮できるか

宇賀なつみ

 テレビ朝日のいずれもエース級だった宇賀なつみアナウンサーと小川彩佳アナウンサーが、3月で退社を発表し、退社日について調整中だというのだ。

 「先日、テレ朝の社長会見で、2人の退社について聞かれた角南源五社長は、『新しい環境でそれぞれ頑張るのではないでしょうか』と語ったが、決して明るい表情ではなかった。特に、小川アナはライバル局・TBSの『NEWS23』のキャスター就任報道も出ているので、心中穏やかでいられるはずがない」(会見を取材した記者)

 宇賀アナがアシスタントを務めていた朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」の後任は、なんと4月に入社する元乃木坂46の斎藤ちはる。入社し立ての新人をいきなりレギュラーに抜てきしなければならないほどの人材不足なのだ。

 そんな中、発売中の「フラッシュ」(光文社)が、同局の田中萌アナウンサーが着々と復権していることを報じている。

 田中アナは、山形県出身で、明治大学卒業後、15年に入社。同9月、1年目にもかかわらず朝の情報番組「グッド!モーニング」に抜擢され、キュートなルックスで人気を集めていた。ところが、16年12月に一部で共演する同局の加藤泰平アナウンサーとの不倫疑惑を報じられてしまったのだ。

 その後、両アナは同番組から“自然消滅”。その後、田中アナはバラエティーなどには出演したが、情報・報道番組からは遠ざかってしまっていた。

 同誌によると、このところアナウンス部は田中アナの露出を増やしていく意向。もともと、その実力は上層部からも現場からも折り紙付きだったというのだ。

 「この状況だと4月の改編で田中アナの抜てきがありそう。ただし、もう1回何かやらかしたら他部署への左遷もあり得そうだ」(テレ朝関係者)

 エース級アナの相次ぐ退社が、田中アナには“追い風”となったようだ。

関連記事(外部サイト)