林家木久扇師匠、スマホ操作に挑戦 大竹しのぶとなかよくなぞかけ

林家木久扇師匠、スマホ操作に挑戦 大竹しのぶとなかよくなぞかけ

林家木久扇師匠、大竹しのぶ

 大竹しのぶと林家木久扇師匠が6日、都内で行われた富士通「らくらくスマートフォン」新CM発表会に出席。大竹は木久扇師匠と同社の新CM「はじめての人」編で初共演。壇上では仲良くなぞかけを披露するなど、息ぴったりのところをみせた。

 大竹が同社のCMキャラクターを務めて15年。登壇すると、「もう15年も月日が流れたかと思うと感慨深いです」とコメント。初共演のCMは木久扇師匠に大竹がスマホの手ほどきをする内容で、二人は撮影を振り返ってトーク。壇上で木久扇師匠と血管年齢を測定したり、花の写真を撮ったり、息の合ったコンビネーションを見せ、最後は木久扇師匠が「せっかくですから」となぞかけを披露するのに、大竹も合いの手で参加。

 木久扇師匠は「らくらくフォーンとかけまして、砂漠の交通機関と解きます」と声を上げ、大竹は「その心は?」とにっこり。木久扇師匠が「やっぱりラクダ(楽だ)」とオチをつけて会場を笑わせていた。2人のCMは3月8日より公開される。

(取材・文:名鹿祥史)

関連記事(外部サイト)