【放送事故伝説】珍事!スタッフ全員がスタジオに現れない!TBS大パニック

【放送事故伝説】珍事!スタッフ全員がスタジオに現れない!TBS大パニック

画像はイメージです

 3月2日にTBSラジオで放送されたとんねるず・木梨憲武の生放送ラジオ『土曜朝6時 木梨の会。』にて、出演者の一人が「寝坊」により最後まで番組出演できないという放送事故が話題になっている。

 報道によると、番組に寝坊したのはTBSの局アナウンサー・古谷有美アナウンサーで、理由は明らかになっていないが、起床時間に起きられずTBSまでたどり着く事ができず、朝7時の番組終了まで出演できなかったとされている。

 昨今のテレビ番組において、レギュラー出演者が遅刻するのは珍しく、しかもTBS社員である局アナウンサーが、朝寝坊で番組ひとつを丸々飛ばし(無断欠席)てしまうのはあまり聞いたことがない。

 しかしながら、TBSには過去、アナウンサーだけではなく、スタッフ全員のミスにより生放送が飛んでしまった、という信じられない放送事故があった。

 1973年7月29日放送の討論番組『時事放談』(TBS系列、第一期は1957年〜1987年)では、出演者が集まっているのにも関わらず、スタッフ全員がスタジオに現れず約18分放送できなかったのだ。

 この日の『時事放談』は、番組レギュラー兼司会の政治評論家の細川隆元が、ある政治学者と生討論をするため、午前8時過ぎにTBSのスタジオに到着した。ところが、放送開始の8時30分が近づいてもディレクターやスタッフは現れず、スタジオは暗いままだったという。

 細川が、近くにいたTBSの局員を捕まえ現状を伝えると、TBS局内は大パニック。局内にいたカメラマンや照明マンを捕まえ、なんとか番組はスタートしたしたものの10分弱しか放送できなかった。

 この珍事件を報じた毎日新聞の記事によると、この日は当初、信越放送からの中継を予定していたが、放送3か月前にTBSスタジオからの中継に変更。ところが、スタッフのミスでこの日の日程表を「信越放送制作」としたままだったために、撮影スタッフ全員がTBSのスタジオに集まらなかったというのだ。

 『時事放談』は1973年の時点で放送16年の長寿番組であり、スタッフ間での「慣れ」が事故を招いた模様だ。

 なお、放送できなかった時間は、TBSは短編映画を流して間をつなぎ、残り放送時間5分で当初の政治討論を行うことになったが、当然討論になるわけがなく、細川は「これじゃ君、言論弾圧だよ!」とスタッフを叱責する声がお茶の間に流れたという。

文:穂積昭雪(山口敏太郎事務所)

関連記事(外部サイト)