AKB48の高橋朱里だけじゃない、韓国で活躍する日本の芸能人

AKB48の高橋朱里、SHIHO、大谷亮平ら、韓国で活躍する日本の芸能人

記事まとめ

  • 卒業と韓国デビューを発表したAKB48高橋朱里の他にも海外へ活路を求める芸能人は多い
  • TWICEのモモ、サナ、ミナは日本人で『モナミライン』としてのユニットは韓国でも人気
  • 藤田小百合、格闘家の秋山成勲夫人SHIHOと娘のサランちゃん、大谷亮平らも韓国で活躍

AKB48の高橋朱里だけじゃない、韓国で活躍する日本の芸能人

AKB48の高橋朱里だけじゃない、韓国で活躍する日本の芸能人

高橋朱里

 AKB48の高橋朱里が3月4日に卒業と韓国デビューを発表した。いまや日本においてアイドルは飽和状態にあり、それは芸能人全体においても当てはまるものだろう。ネット上でも「AKBってグループだけでもすごい人だものな」「韓国デビューっていうのはこれからのアイドルの一つの道かもしれない」といった声が聞かれた。高橋に限らず海外へ活路を求める芸能人は多い。韓国で活躍している日本人タレントは、ほかには誰がいるだろうか。

 「アイドル系ではTWICEがいますね。2015年に韓国で結成された女性9人組のアイドルグループですが、そのうちモモ、サナ、ミナの3人が日本人です。ほか韓国人5名、台湾人1名の構成です。3人の頭文字を取って『モナミライン』として、グループ内ユニット的な活動をしており、韓国でも人気があります。ガールズグループD.HOLICのレナもグループ内唯一の日本人メンバーとして活躍しています」(芸能ライター)

 さらに、アイドルばかりではなく、テレビのバラエティ番組やドラマ、映画など、「韓流作品」に出演する人たちもいる。

 「サユリこと藤田小百合は、韓国のバラエティ番組にひっぱりだこの存在となっています。ズバズバと物を言うキャラクターが受けたようですね。もともとアメリカ留学時に韓国人の友人と知り合い、面白そうという理由で韓国へ渡ったそうですから、度胸の強さがうかがえます。さらに、格闘家の秋山成勲夫人として知られるモデルのSHIHOと子どものサランちゃんは親子で話題となりました。そして、韓国でもっとも知られた日本人俳優といえば大谷亮平でしょう。韓国語が話せない状態で2003年に現地に渡り、CMやドラマ出演を果たしています。大谷は現在は日本のドラマや映画にも出演しており、いわば逆輸入される形でブレークした形です」(前出・同)

 高橋朱里もどのような活躍を見せるのか期待したい。

関連記事(外部サイト)